感染者の自殺率が上昇「猫の寄生虫」の怖い生態

人の脳を占拠、マインドコントロール状態に

ピロリ菌は民族によって遺伝子の変異が異なっており、これをもとに人類のたどった足跡を推測する研究があります。なかでも大分大学医学部の山岡吉生教授はピロリ菌から人類の壮大な移動経路を描き出しました。

それによると、私たちの祖先がアフリカを出た5万8000年前ごろからピロリ菌は人類とともに広がり、3万年前にはアジアに到達、5000年前ごろには東アジアや太平洋一帯に広がりました。

5300年前のミイラからも発見

もう一つの経路は、アジアからシベリアを通り、当時陸続きだったベーリング海峡を渡って、北米から南米へと南下したというものです。古くから人びとを悩ませてきたらしく、5300年前の氷漬けのミイラの胃の中からもピロリ菌の遺伝子が見つかっています。

(画像提供:KADOKAWA)

ピロリ菌そのものは、2~3回ねじれた形状で、4~8枚の鞭毛(べんもう)を持っています。私はこれまで、健康診断でピロリ菌は一度も見つかっていませんが、ピロリ菌をもっていない人は食道炎や十二指腸潰瘍に悩まされることがあります。ピロリ菌は過剰な胃酸を中和して、胃液の逆流を防ぐ効果があり、アレルギーを抑える、という研究者もいます。意外に役に立っている面もあるのです。

(画像提供:KADOKAWA)
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT