「エネットは家庭向け電力小売りにも参入」

新電力として設立から14年、池辺裕昭社長に聞く

全面自由化に向け「新しいサービスや料金メニューをどんどん提供する」と意気込みを示した池辺社長。
新電力(特定需要電気事業者)による参入が認められた2000年に設立されたエネットは、新電力(自家消費を除く)の中で47%という断トツのシェアを誇る。16年からの家庭向けを含めた電力小売りの全面自由化に向け、いかなる戦略で臨むのか、池辺裕昭社長に聞いた。

 

――2000年の設立以来、ここまでの自己評価は。

当社は、「エネルギーの新たな価値を創造する」ことを掲げてスタートした。エネットという社名も、エネルギーとネットワークを組み合わせたもの。エネルギーにITで付加価値を付けたサービスを提供してきたことが、最大の特徴だ。

かつては電気の需要側と供給側が連携せず、必要な電気はいくらでも供給するという形だった。しかし、ムダは必要ない。われわれは、ITによる「見える化」や新たなサービスを通じ、需要側、供給側の互いが合理的に満足できる仕組みを提供してきた。それが顧客から評価されていると思う。

特に11年の大震災以降、顧客から多くの問い合わせをいただいているが、13年度は営業収益(売上高)が初めて2000億円の大台に乗せた(前期比27%増)。私自身、顧客からの大きな期待を感じている。

スタートダッシュに力点

――電力小売りが全面自由化されれば、家庭など小口市場にも参入するか。

自由化されれば個人の54%が電力会社の切り替えを検討するとの調査結果(経済産業省の国民意識調査)もあり、当社にも多くの家庭から問い合わせが来ている。これまでの自由化を牽引してきた企業として、期待に応えられるように参入していく方針だ。特にスタートダッシュには力を入れたい。

――どんなサービス、料金体系を考えているか。

これまで企業などの顧客に対し、30分ごとの電気使用量をウェブ上で「見える化」するサービスや、電気使用量のピーク時に節電すると料金が安くなるデマンド・レスポンス(DR)のサービスを行ってきた。

次ページ戸建て向けに商機
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT