中ロの天然ガス合意、日本への影響は?

JOGMECの本村真澄・主席研究員に聞く

(ロイター/アフロ)

ロシアと中国は5月21日、ロシアが2018年から30年間にわたり年間380億立方メートルの天然ガスを中国へ供給する契約を正式に締結した。価格は欧州向けと同様の石油・石油製品価格連動で、テイク・オア・ペイ条項(引取保証)付き。供給総額は4000億ドル(約40兆円)を上回ると推定される。ガスは東シベリアで開発され、新設するパイプラインで中国へ輸出される。ロシア国内だけで投資額は550億ドル、中国側の投資と合わせると総額750億ドル以上とされる。

契約を結んだロシア国営天然ガス会社ガスプロムのアレクセイ・ミレル会長は、「ロシアと当社の全歴史で最大規模の契約。ロシアのガスが巨大な潜在性を持つ新市場へ販売される」とコメント。契約に同席したプーチン大統領は、「ロシアと中国の双方が満足できる条件で妥結した。これにより、ロシア国内ではガス開発だけでなく、多くの新たな産業、インフラ、雇用が生み出される」と述べた。

今回の合意の背景や意義、日本にとっての意味合いなどについて、ロシアのエネルギー問題に詳しい石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)の本村真澄・調査部主席研究員に聞いた。

価格はロシア側の希望に近い

――天然ガス供給を巡る長年の中ロ交渉が合意に至った背景は。

これまでの経緯を振り返れば、ロシアがアジア市場を重視し、パイプラインなどのインフラを整備すると宣言したのが、2004年5月のプーチン大統領2期目の就任演説でのこと。ロシアの西には欧州、東にはアジアという消費センターがある。その間をパイプラインで結べば、ロシアは地理的広大さという特質を有利に生かせる。まず完成(09年12月に第一期完成)したのが東シベリア・太平洋石油パイプライン(ESPOパイプライン)。次なる課題が天然ガスのパイプラインだった。

次ページ価格で合意に至った理由
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • コロナ後を生き抜く
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT