ステイホームで爆売れ「電気調理鍋」の選び方

買いは「ヘルシオホットクック」だけではない

もともと写真の6Lタイプ「クックフォーミーエクスプレス」実勢価格4万4800円が先に発売されており、昨年コンパクトな3Lが発売された(写真:ティファール)

「クックフォーミー」を使ううえで注意したいのは、ディスプレーに表示される手順に従って、調理を行う必要があることだ。煮込む前に肉に焼き色をつけたり、野菜だけ軽く炒めるといった工程もレシピに含まれるため、ほったらかし調理には向かないといえる。

とはいえ、1台で焼き、炒めから煮込みまで完結でき、時短調理ができるのは非常に魅力的。さらに6Lモデルなら大人数の家庭にも対応できる。具材に焼き色をつけたり、炒めてから煮込んだり、圧力がかけられるので、肉料理に向くと言える。

卓上鍋にもなる高コスパモデル「アイリスオーヤマ」

よりお手軽に電気料理鍋を導入したい、というニーズに最適なのが、アイリスオーヤマの電気圧力鍋シリーズだ。2.2Lと4Lの2サイズがあり、さらに内蔵する自動メニュー数の違いで2モデルずつ、計4モデルをラインナップしている。

4Lのハイスペックモデル「KPC-MA4-B」実勢価格2万円(写真:アイリスオーヤマ)

大容量4Lで80レシピを搭載するハイスペックモデル「KPC-MA4-B」でも実勢価格は約2万円と低価格なのがポイント。それでいて、圧力調理、炊飯、蒸し調理、発酵調理、低温調理、多彩な調理機能を搭載しており、カレーや肉じゃがなどは自動メニューを選ぶだけで調理できる。

また、アイリスオーヤマが便利なのが、卓上鍋として使える「なべモード」を搭載していることだ。フタを取った状態の高さが約17cmと低いため、ダイニングテーブルに置いてそのまま鍋料理が楽しめる。なべモードで火力を5段階中5に設定すると、肉に焼き色をつけることもでき、すき焼きなども可能。また、おでんやカレーなどの煮込み料理も鍋のままテーブルに並べられるのだ。

鍋の背が低いため卓上においても使いやすい(写真:アイリスオーヤマ)

1~3人ぐらいまでなら2.2Lタイプ、3人以上の家庭なら4Lタイプがオススメ。もともと料理が好きでマニュアル調理を使うことが多いなら、自動メニューの少ないベーシックモデルを選ぶのもいい。大容量の4Lタイプでも2万円以下で購入できる。

ここで紹介した3製品以外にもさまざまな「電気調理鍋」が発売されている。機能面での選択ポイントは「圧力」と「無水調理」の対応。そして使い勝手では「ほったらかし」と「時短」で大きく変わる。圧力調理ができる製品は、肉料理に向く。豚の角煮やスペアリブを短時間で柔らかくできる。「時短」を求めるなら圧力タイプだ。

対して、「ヘルシオホットクック」のような圧力をかけない電気鍋は「ほったらかし」が基本。調理時間はかかるがその間、手はかからないので、在宅ワークや他の家事が進められる。ヘルシオホットクック以外ではバーミキュラライスポットなどが同じタイプだ。高い密閉性を生かしてゆっくりと無水調理を行うことで、食材の栄養やおいしさを引き出すことができる。

中には、アイリスオーヤマのように圧力機能を搭載しながら、無水調理にも対応する製品もある。ライフスタイルや料理の好みに合わせて、適した電気調理鍋を選んでほしい。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT