ワクチン「接種した人・まだの人」に生じる問題

国民半数が1回目接種済みのイスラエルの今

国民の半数がワクチンの1回目の接種を終えているイスラエルで新たに浮上している「問題」とは(写真:Kobi Wolf/Bloomberg)

世界最速のペースで新型コロナワクチンの接種を進め、人口の約半数が少なくとも1回目の接種を済ませたイスラエル。ワクチン後の社会ルールをめぐる「リアルタイム実験室」となった同国では今、個人の権利と義務、社会全体の利益に関わる厄介な問題が浮上している。

ベンヤミン・ネタニヤフ首相の内閣は先日、ソーシャルディスタンシング(身体的距離の確保)やマスク着用の義務付けを前提に、ショッピングモールや博物館の営業再開を決めた。スポーツジムや文化・スポーツイベント、ホテル、プールも何カ月ぶりかに再開されるが、誰もが利用できるようになるわけではない。

ついにでた「免疫証明」

アメとムチの役割を果たすのが、ワクチン接種を完了させたか、新型コロナウイルス感染症から回復した人に発行される新たな「グリーン・パスポート」(免疫証明)だ。

21日に再開されたレジャー施設の利用は、このグリーン・パスポート保有者に限られる。3月9日ごろには、レストラン、イベント会場、会議場が同様のルールの下で再開される。客や来場者はQRコード付きのワクチン接種証明書を携行しなくてはならない。

市民生活を再開するにあたって、公共の安全、差別、選択の自由、プライバシーといったデリケートな問題とどうバランスをとるべきか。ワクチン接種で世界に先行した結果、法、道徳、倫理に関わる問題に真っ先に突き当たったのがイスラエルといえる。

次ページ接種を受けない人は取り残される
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

東洋経済education×ICT