イギリス「ワクチン開始2カ月」でわかったこと

医療従事者が見た現場や接種者の混乱と喜び

イギリスでは昨年12月下旬から新型コロナウイルスのワクチン接種が始まった(写真:Chris Ratcliffe/Bloomberg)

「この前、やっとワクチン1回目を接種したよ!」勤務先の病院で先ごろ、目をキラキラ輝かせてこう話す患者に遭遇した。一人暮らしの高齢者で、コロナによる移動制限でまともに娘夫婦と孫と会えない日が何カ月も続いていたそうだ。

イギリスで新型コロナウイルスのワクチン接種が始まってから、2カ月強。これまでに1回目の接種を終えた人は1500万人を超えた。ようやく接種が始まった日本ではワクチンへの抵抗感がある人も少なくないと聞くが、イギリスでは前向きに捉えている人が多い。

接種期間を12週間に拡大めぐり議論

とはいえ、ワクチンをめぐる混乱も少なくなかった。

「イギリスではワクチン接種は、1回目と2回目の接種間隔を3週間から12週間後とする」。ワクチン接種が始まってすぐ、政府は2021年明け早々に世界中が驚くような決定を出した。

1日の感染者が5万人を超え、死亡件数も増える中で、国は1人でも多くの人に1回目のワクチン接種をすることが重要であり、3週間以内の2回目接種は「最優先ではない」とした。政府が「有効性には自信がある」とする一方、当時のファイザーは「12週間での臨床試験は行っていない、したがって安全性と有効性は未確認」と発表。イギリス国内でも議論が噴出した。

それでも、2回目のワクチン接種を12週間後にすることが強行された。すでに1回目の接種を済ませ、3週間後に2回目の予約が入っている人はごく一部を除いて、ほとんどが12週間後に変更をされた。筆者は1月14日に1回目を接種して、2回目の予約は4月2で入れてもらった。

ここでイギリスのワクチン状況に触れたいと思う。ワクチンの優先順位としてイギリス政府は国民を年齢と職業によって9つのグループにわけた。第一優先が高齢者施設の入居者と職員、第二優先が80代以上の人と医療福祉分野のフロント職員、第三が75歳以上、第四が70歳以上だ。

次ページ突然、ワクチンが大量に届いた!
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT