日本人に3ナンバー車は余りしっくりこない訳

5ナンバー車や軽が売れる鍵はサイズ感にあり

狭い日本の道路・駐車場事情を考えれば当然かもしれないが……(写真:彩恵/PIXTA)

今日の日本の自動車市場について、改めて認識させられるのは、5ナンバー車の需要がいかに多いかである。

昨年1年間の新車販売で、ベスト15のうち10台が5ナンバー、もしくは5ナンバーを基にしながら3ナンバーも含む車種であった。これに軽自動車を含めると、5ナンバー需要はなお圧倒的強さを持っているといえるのではないか。

それであるのに、大衆車として5ナンバーを維持してきたトヨタ自動車「カローラ」が、現行でついに3ナンバー化した。

ただし、プリウス同等の大きさに抑えることで、昨年の新車販売で堂々の3位を得ている。これには、車種を限定しながら前型の5ナンバー車も併売したことも関わっているだろう。また、3ナンバーのハイブリッド車(HV)であるトヨタ「SAI」から現行カローラのHVへ買い替えた世帯が拙宅近くにいる。増減を取り混ぜながら、カローラというブランドの強さが表われているといえる。

なぜ新車が次々3ナンバー化していったのか

それでもなお、14位のトヨタ「アクア」が、2011年の誕生から10年近くを経ているにもかかわらず、月販5000台近くを売り続けているのだから、単に新車効果、SUV効果というだけでなく、5ナンバー車に根強い人気があることは間違いないだろう。

それにしても、なぜ、新車が次々に3ナンバー化していったのか。

現在も継承される小型乗用車(5ナンバー車)の規定は、1960(昭和35)年の道路運送車両法によって定められた。車体全長4.7m以下、全幅1.7m以下、全高2.0m以下で、搭載するガソリンエンジンの排気量は2000cc以下である。

ただし、ディーゼルエンジンは排気量を問わない。今日のディーゼルターボが普及する前は、ディーゼルといえば力はあるが、伸びがなく、高速走行に向かなかったので、排気量をより大きくすることを許したのだ。

次ページクルマの区分はどう始まった?
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT