杉原千畝が「命のビザ」を発給した本当の理由

親族の証言や1次資料で解き明かされた実像

リトアニア・カウナスの日本領事館前でビザ発給を訴えるユダヤ人たち。(写真:杉原伸生氏提供)
ナチス・ドイツなどの迫害を逃れてリトアニアにやって来たユダヤ人ら避難民に日本への「命のビザ」を発給した外交官・杉原千畝。ただ、彼の行動が知られる過程で、実像とは懸け離れた話も広がっている。多くの証言や1次資料を掘り起こしながら明らかにした、杉原の実像とは。『杉原千畝の実像』を出版した人道の港調査研究所(福井県敦賀市)の古江孝治氏に聞いた。

「避難民らがかわいそうだった」

──杉原の四男・伸生氏が「千畝の人間性まで掘り起こして分析されている」と評価しています。

伸生氏から生前の杉原について多くの証言を得ました。またビザ発給当時の状況など、外交電文といった当時の資料を読み解くことで、彼の心の中に分け入ってビザ発給までの決断と覚悟に迫りました。これまでの杉原像とは違う点も明らかにしました。

──ビザ発給は「避難民らがかわいそうだった」からという杉原の率直な気持ちが印象的です。

当時の外務省の訓令は「ビザ発給の要件を満たしていない者にビザを出すな」でした。事実上の発給禁止です。ただ、杉原はドイツの動きを分析した結果、「ユダヤ人をここに残しては、すべてが迫害・殺害される」と確信していたことがわかります。杉原は生前の1977年に日本のテレビ局とのインタビューで「避難民は行くところがない、後ろからドイツが来るから、日本を通ってよその国へ行くのだ」と訴えています。「(ビザ発給を)断ったら、どこへ行くかね。かわいそうだ」と率直に述べています。それこそ、行動の原点だったと思います。

──リトアニアを離れる列車の中でも多くの人にビザを発給したという逸話がありますが、実際は「5、6人だった」と指摘されています。

ソ連軍兵士が駅で不審者を監視しており、多くの避難民が駅のホームまでやって来て杉原にビザを求めることは難しい。杉原は「5、6人にサインをした」と述べています。監視をすり抜けた避難民は実際にはその程度だったのでしょう。ドラマチックな光景で語られたりしますが、当時の状況を考えるとそれはなかったと思います。

次ページ日本にたどり着いた難民のその後
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT