杉原千畝が「命のビザ」を発給した本当の理由

親族の証言や1次資料で解き明かされた実像

──ただ、避難民の日本入国には当時の内務省の入国規則など、難関があったようですね。

入国規則に沿わなくても入国させるべきだと動いた日本人がいました。例えばウラジオストクの日本総領事館総領事代理だった根井三郎。ウラジオストクで足止めされたり、敦賀港で入国を拒否され戻ってきたりした避難民らを「受け入れるべきだ。ビザは有効だ」と本国に強く主張しています。自らも「同情する気持ち」から渡航証明書やビザを発給しています。

またジャパン・ツーリスト・ビューローの大迫辰雄は、ニューヨークから送られてきた支援金をユダヤ人に手渡すなどの輸送業務を熱心に行い、避難民からとても感謝されています。船内で避難民リストと実際の避難民の名前を突き合わせ、支援金を確実に渡すという煩雑な業務を懸命に行ったためです。

「命のビザ」をつないだ日本人たち

『杉原千畝の実像 数千人のユダヤ人を救った決断と覚悟』(ミルトス、書影をクリックするとアマゾンのサイトへジャンプします)

さらに、神戸滞在中に避難民にかかわる問題を解決するために奔走したヘブライ語学者の小辻節三がいます。日本人とのトラブルや目的地へのビザ取得までの滞在日数不足といった問題で、当時の外相・松岡洋右との人脈などを生かし、解決策を引き出しています。

──命のビザはうまくリレーされたのですね。

命のビザを発給した杉原の、自分のためでも国のためでもなく、一切の見返りを求めない無私の行為に共鳴する日本人がほかにもいたということです。そんな人道的な日本人がいたことを誇りに思います。彼らの行動は、命の大切さや平和の尊さを考えるきっかけになると思います。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • グローバルアイ
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT