コロナ自粛で「無駄買い」しない人の賢い発想

昨年の自粛時をデータで冷静に振り返ってみる

主にコーヒーや紅茶の福袋を買ったが、今年は即席麺やパスタソース、レトルトカレーの福袋も多く見かけた。むろん福袋シーズンは終わってしまったが、通常なら1月上旬から2月にかけて、お歳暮用のギフト処分セールがデパートで行われ、そういう会場に行くと安くまとめ買いができる。

ただし、現在の緊急事態宣言下では外出しにくい事情もあるだろう。手頃な価格でストック用にまとめ買いする手段としてお勧めなのは、期限切れ間近の商品を扱う販売サイトだ。

これは食品ロスを防ぐ観点からメーカーや業者から商品を買い取り、そのぶん、お手頃な価格で消費者が購入できる仕組みで、「Otameshi」や「KURADASHI」などのサイトがある。

さらに、購入代金に応じた金額が自動的に寄付されるため、支援団体を通じてコロナ禍で苦闘している医療分野や支援が必要な子供たちへも届けることができる(商品購入時にサイトが指定する支援先団体を選択)。通常のECサイトよりも購入量の単位が大きいのでまとめ買い用に向くし、同時に支援もできるので、今後も使っていこうと思う。

焦れば、自分たちに降りかかってくる

出口の見えないコロナとの戦いで、日本中が陰鬱な気分に覆われている。そんな中、トイレットペーパーのように生産量は十分あるのにSNSに流れてきた画像にあおられ客が売り場に殺到してしまえば、その後は転売屋の思うつぼだ。

品薄になったモノの価格は高騰するし、本当に必要な人の手に渡らない事態も起きてしまう。結局、困るのは私たち自身なのだ。

幸いなことに、今回は大規模な欠品が出ているとの話は聞こえてこない。前回の外出自粛や緊急事態宣言の経験をもとに、焦らずとも生活に必要な商品は必ず供給されるのだと認識し、落ち着いて過ごそうではないか。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT