「車載用半導体」の供給不足、中国でも影響深刻

上汽VWは2020年12月の生産台数が24%減少

中国の自動車産業では車載用半導体の供給不足の影響が拡大している。写真は上海市にある上汽VWの工場(同社ウェブサイトより)

車載用半導体の供給不足が原因で、クルマの生産の一時停止を余儀なくされる自動車メーカーが増えている。

日本のトヨタ自動車と中国の広州汽車集団の合弁会社である広汽トヨタは1月13日、部品不足のために一部の生産ラインが一時的に停止したことを(メディアに対して)認めた。なお、現在はすでに生産を再開しており、半導体不足の(今後の)影響については調査中だという。

広汽トヨタだけではない。2020年12月以降、ドイツのフォルクスワーゲン(VW)と上海汽車集団の合弁会社の上汽VW、同じくVWと中国第一汽車集団の合弁会社の一汽VW、日本のホンダと広州汽車集団の合弁会社の広汽ホンダなどで、一部の車種の生産が滞るケースが相次いでいる。

生産統計にもすでに影響が表れている。例えば上汽VWは、2020年7月以降の月間生産台数が15万~16万台で推移していた。ところが2020年12月の生産台数は12万5800台にとどまり、前月より24%も減少した。

「供給不足の解消には6~9カ月かかる」

財新記者の取材に応じたある大手部品サプライヤーの担当者によれば、半導体はシリコンウエハーの投入から多数の工程を経て最終製品を出荷するまで長い時間がかかる。このため性急な増産には対応できず、供給不足の解消には6~9カ月かかるという。

つまり、2021年の中国の自動車生産は半導体不足の打撃が避けられないということだ。スイスの金融大手UBSの中国法人で自動車業界担当のチーフアナリストを務める鞏旻氏は、一部の自動車メーカーで2021年1~3月期の生産台数が計画より5%前後減少すると予想する。

半導体不足がこれほど深刻化した背景には、半導体業界のグローバルな生産体制と急増する半導体需要のミスマッチがある。

本記事は「財新」の提供記事です

過去数年間の半導体業界の設備投資は過度に保守的であり、なかでも技術的に成熟した8インチ(200mm)ウエハー向けの生産キャパシティーはほとんど増えなかった。

そんななか、スマートフォンに代表されるコンシューマー製品向けの半導体需要が急速に拡大。以前は車載用半導体に振り向けられていた生産キャパシティーの一部を奪い取った格好だ。

(財新記者:鄭麗純)
※原文の配信は1月14日

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT