山崎正和が創りあげた「知の交差点」の磁場 開高健、高坂正堯、梅棹忠夫、小松左京も結集

拡大
縮小

選考委員は、母校の出身者だけで固めるようなことがあってはならない。私はすでにサントリーの社員でもなく、文化財団とも直接のつながりはなかったが、山崎正和と河合隼雄のお二人にも、本賞選考委員をお願いした。何と2人とも快諾だった。

河合隼雄は1年だけで文化庁長官に就任されたが、山崎正和は1~4回、つまり2001年度から2004年度まで、毎年早稲田キャンパスへ来られて選考委員を務めてくださった。坪内博士記念演劇博物館などよくご覧になっていたが、ジャーナリズムに格別の関心をもっておられたことがわかる。山崎正和と早稲田大学のこうした交流はあまり知られていないだろう。

しかし、これは決して意外なことではなかった。この追悼文集で、鹿島茂は山崎正和とジャーナリズムについて、実に興味深い論攷(ろんこう)を行っている。すなわち「山崎さんは既存のジャーナリズムの功罪を正しく認識したうえで、なおかつ、これをアカデミズムとは異なる文化・学術の潜在的な〈共同の場〉となりうるものと見なしていたようである」。

鹿島の前後の文章を読むと、「やはり選べるのはジャーナリズムしかないと山崎さんが結論したからではないか?」という1行があり、さらに「このことはサントリー学芸賞創設の趣旨説明にもはっきり読み取ることができる」としている。

まさに、山崎正和にこうしたジャーナリズムへの根本的な関心があったからこそ、早稲田大学からの依頼を引き受け、それも4年間も続けた。鹿島茂の見立ては正しいと思う。

“二物衝撃”か“陰陽和合”という効果

さて再び劇作家・山崎正和である。山崎と、昨年3月に没した別役実。本書で片山杜秀が鋭く指摘しているとおりだが、私には1枚の葉の表面(陽)と裏面(陰)のように感じられる。

『別冊アステイオン それぞれの山崎正和』(書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします )

一見、意外な取り合わせだが、2人を中心に1972年結成以来、同志的関係にあって演劇集団「手の会」は7年余り続いた。互いに“二物衝撃”か“陰陽和合”という効果を享受したはずだ。近年、山崎は別役について過褒ともいえる一文を残している。「前衛劇の冒険を先導しつつ、なお抒情的というべき美しいせりふを固守した別役実 ……」(毎日新聞、2018・12・16)最晩年に別役実は嬉しかっただろう。

劇団「自由舞台」の別役の創作劇を、私は学生時代から大隈講堂などで見続け、大学新聞に劇評を書いていた。それだけに山崎の『世阿弥』の出現には真底驚いた。俳優座の千田是也の演出・主演にはいろいろの評が寄せられたが、この戯曲は本物だと思った。

むろん、堤春恵の本書追悼文の1行にあるように「どんな上演であっても、劇作家の想像力の中の舞台には及ばなかったのかもしれない」ということではあっただろう。劇作家である堤春恵が書いていることだから、すとんと納得した。

(敬称略)

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT