意外に正しかった100年前の「日本の未来」予測

100年後も「名探偵コナン」は続いているのか

100年後の日本はどうなるのか。そして、100年前に予想された「100年後の日本」はどんなものだっただろうか(写真:topic_3z/PIXTA)
「100年後の日本はどうなるのか」。気宇壮大な大胆なテーマを特集に取り組んだ『アステイオン』91号が、このほど上梓された。同号にも寄稿した渡辺靖氏が、その概要とともに、未来を予想することとは何かを探る。

100年前の「100年後の日本」予想

このほどサントリー文化財団が編集する『アステイオン』(CCCメディアハウス発行、編集委員会委員長・田所昌幸慶應義塾大学教授)で「可能性としての未来――100年後の日本」という特集が組まれた。

文字どおり、100年後の日本や世界を予測しようという企画で、サントリー学芸賞の受賞者や選考委員など、財団と縁のある研究者や文芸家ら60名以上が参加した。もともと文芸誌と学術誌の中間的な色彩の強い『アステイオン』だが、「令和」2度目となる今号はいつになくにぎやかで、楽しい内容になっている。

田所氏によると、実は、今から100年ほど前の1920(大正9)年に三宅雪嶺の主宰する雑誌『日本及日本人』の中で「百年後の日本」という特集が組まれ、研究者、政治家、文学者、ジャーナリスト、官僚、軍人、宗教関係者などが寄稿した。

そこには、島崎藤村、和辻哲郎、菊池寛、室生犀星、長谷川如是閑、賀川豊彦、さらには深川の鰻料理屋「宮川」の主人の名前まである。

彼らの未来予想図の中身はというと、「わかりません」「神も予想し難し」という正直(?)なものから、「俺は生きていない」「明るい女がふえる」というやや投げやり(?)なものもあり笑ってしまう。

次ページ中には、ほぼ正しく読み当てているものも
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT