すぐ改善すべき「高校受験で失敗する子」の盲点

まだ間に合う!本番で確実に点を稼ぐ勉強法

③“受験戦略”がある

入試問題には、難しい問題と基礎的な問題があります。難しい問題は、ほかの受験生も得点できず、差がつきません。基礎的な問題をミスなく確実に得点していくことが重要なのです。

問題に取り組むときに、「確実に得点しなければいけない」問題と「難度が高く、最初に手をつけてしまうと時間がなくなってしまう」問題を見極める必要があります。

また、高校入試で出題されやすい分野には傾向があります。例えば、数学では、図形問題は配点が高い場合が多いです。高校入試の数学は「図形の勝負」と言っても過言ではありません。

これらの戦略は受験校や都道府県、科目によっても異なり、さらには個人の得手不得手によっても違ってきます。自分だけで見極めるのは難しいですが、学校の先生や塾の指導を受けていれば、ある程度の方針はわかるはずです。できる生徒は、そこから自分なりの戦略を組み立てています。

入試直前期でもコツコツ繰り返す

直前期となると、最後の模擬試験の結果などが返ってきます。たとえ模擬試験の結果が悪くとも必要以上に落ち込まず、理解できていなかった単元やケアレスミスをきちんと洗い出し、次につなげていくことが大切です。

『高校入試対策問題集 合格への最短完成 数学』(KADOKAWA)書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

入試直前期になると、焦りが先行してしまいがちですが、コツコツ繰り返すことをおろそかにしてはいけません。

高校入試の勉強法とは、志望校に向けて計画的に毎日コツコツ勉強することです。積み重ねが近道であり、最も効率の良い勉強法なのです。「間違えた問題をできるようにする」ことを繰り返し、合格という目標に近づいていけるのです。

保護者の方々は、模試やテストの結果だけを見て一喜一憂せずに、お子さまがどのようなことに取り組んでいるか、その「毎日のプロセス」を見守るようにしていただけるといいと思います。

高校入試の本番目前である今こそ、「基本」「習慣」「戦略」を大事に、必要以上に焦らず、落ち着いて日々過ごしていけるといいでしょう。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT