「住みよさランキング2014」東日本編

関東はつくばや羽生など浮上、各県のベスト3は?

「関東」はトップ2不動も、3位以下は軒並み変動

「関東」ブロックでは、昨年まで不動だったトップ4に順位の変動が見られた。1位の印西市(千葉)、2位の守谷市(茨城)は順位をキープしたものの、昨年3位の成田市(千葉)が4位に、同4位のつくば市(茨城)が3位へと入れ替わった。

5位以降では、昨年7位の那珂市(茨城)が5位に、昨年9位の神栖市(茨城)が7位に、そして昨年23位の水戸市(茨城)が8位となった。

水戸市は今回追加した保育所定員数が673位とブレーキとなったが、転入・転出人口比率、新設住宅着工戸数、小売業販売高の増加の寄与が上回った。また、18位の羽生市(埼玉)は昨年71位から浮上し、トップ20入りを果たした。今回より2007年11月に開業したイオンの大型SCの効果が反映されるようになり、「利便度」の全国順位が711位から151位と一気に上がったことが最大の要因だ。

逆に昨年5位から15位へと順位を落とした土浦市(茨城)は、保育所定員数が685位と全国平均を大きく下回ったことに加え、転入・転出人口比率、小売業販売高でも順位を下げたことが響いた。

なお、昨年に引き続き、トップ10中、茨城県の都市が5市と半数を占め、このエリアでの同県のレベルの高さが際立っている。

次ページ甲信越・北陸・中部は高いレベルで他を圧倒
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
  • iPhoneの裏技
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
企業の成長に最も大切なものは<br>新浪剛史氏インタビュー

社員を追い詰めながら業績をひねり出すのではなく、「まずは理念の共有」が新浪流。ローソンから移って5年目、サントリーホールディングスの舵を取る辣腕経営者が、米ビーム社統合でも貫かれた「社員を大事にする経営」の神髄を語る。