「住みよさランキング2014」東日本編

関東はつくばや羽生など浮上、各県のベスト3は?

「甲信越・北陸・中部」は坂井(福井)が首位を奪取

「甲信越・北陸・中部」ブロックでは、昨年2位の坂井市(福井)が1位となり、野々市市(石川)を逆転した。詳細は坂井市が2位、野々市市が3位の総合ランキングで触れたとおりだ。昨年3位の本巣市が、新設住宅着工戸数、小売業販売高の減少の影響で6位に後退し、代わって昨年4位だった長久手市が3位に浮上した。

昨年11位のかほく市(石川)と同14位の能美市(石川)が揃って順位を上げ、それぞれ5位、7位のトップ10入りとなった。両市は保育所定員数が全国で75位、39位と高い水準にあり、「安心度」評価を押し上げたことが寄与した。

一方、昨年9位だった美濃加茂市(岐阜)が21位と大きく後退した。転入・転出人口比率、新設住宅着工戸数、小売業販売高の3指標が大きく減少したことが要因だ。部門別ランキング「快適度」にも触れたように、ソニーイーエムシーエス撤退も影響したと考えられるが、その跡地に千趣会の進出が決まっているほか、いくつかの企業進出も予定されており、来年以降の巻き返しも期待される。

このブロックでは、トップ10に石川県と福井県からそれぞれ3市ずつ、またトップ20では富山県を含めた北陸3県で13都市がランクインしており、その強さが際立っている。またブロック20位の中央市(山梨)が総合順位では29位と、このエリアのレベルの高さは他の地域を圧倒している。

次ページ都道府県別トップ3
トピックボードAD
関連記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 就職四季報プラスワン
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ドンキの正体<br>次代の流通王か永遠の異端児か

かつての「ヤンキーのたまり場」ドン・キホーテが破竹の攻勢をかけている。総合スーパーへの居抜き出店などで品ぞろえも客層も拡大、海外出店も加速する。一方、不動産事業や深夜営業では非常識ぶりを温存。異端児の知られざる実態を解明する。