【産業天気図・鉄道・バス】客数が底入れし「曇り」に改善、ただ回復ペースは緩やか


 上場大手私鉄13社の11年3月期は、南海電気鉄道<9044>が営業利益横ばい、京阪電気鉄道<9045>は営業減益の見通しだが、残る11社は営業増益を見込んでいる。

しかし、増益予想の会社にしても、営業利益が09年3月期の水準まで戻ると見ている会社はない。底を打って上向くものの、回復途上の1年になる。

大手私鉄の鉄道収入の傾向は、各社によりそれほど大きく異なることはない。ただ、京成電鉄<9009>は成田スカイアクセスの開業が7月に予定されており、成田空港の航空機発着数増加と合わせ、どれだけの上乗せ効果が出るか、注目される。

費用面では除却費の増減などが利益を大きく左右する。東京急行電鉄<9006>は除却費の減少が鉄道部門の業績改善を加速させる。

流通、ホテルなどの部門は、各社とも売上高が大幅に回復することは見込めない。人件費などコストをどれだけ絞り込めるかが、11年3月期の業績のカギとなりそうだ。
(安西 達也)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT