【産業天気図・鉄道・バス】客数が底入れし「曇り」に改善、ただ回復ペースは緩やか


 上場大手私鉄13社の11年3月期は、南海電気鉄道<9044>が営業利益横ばい、京阪電気鉄道<9045>は営業減益の見通しだが、残る11社は営業増益を見込んでいる。

しかし、増益予想の会社にしても、営業利益が09年3月期の水準まで戻ると見ている会社はない。底を打って上向くものの、回復途上の1年になる。

大手私鉄の鉄道収入の傾向は、各社によりそれほど大きく異なることはない。ただ、京成電鉄<9009>は成田スカイアクセスの開業が7月に予定されており、成田空港の航空機発着数増加と合わせ、どれだけの上乗せ効果が出るか、注目される。

費用面では除却費の増減などが利益を大きく左右する。東京急行電鉄<9006>は除却費の減少が鉄道部門の業績改善を加速させる。

流通、ホテルなどの部門は、各社とも売上高が大幅に回復することは見込めない。人件費などコストをどれだけ絞り込めるかが、11年3月期の業績のカギとなりそうだ。
(安西 達也)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。