【産業天気図・鉄道・バス】客数が底入れし「曇り」に改善、ただ回復ペースは緩やか


 上場大手私鉄13社の11年3月期は、南海電気鉄道<9044>が営業利益横ばい、京阪電気鉄道<9045>は営業減益の見通しだが、残る11社は営業増益を見込んでいる。

しかし、増益予想の会社にしても、営業利益が09年3月期の水準まで戻ると見ている会社はない。底を打って上向くものの、回復途上の1年になる。

大手私鉄の鉄道収入の傾向は、各社によりそれほど大きく異なることはない。ただ、京成電鉄<9009>は成田スカイアクセスの開業が7月に予定されており、成田空港の航空機発着数増加と合わせ、どれだけの上乗せ効果が出るか、注目される。

費用面では除却費の増減などが利益を大きく左右する。東京急行電鉄<9006>は除却費の減少が鉄道部門の業績改善を加速させる。

流通、ホテルなどの部門は、各社とも売上高が大幅に回復することは見込めない。人件費などコストをどれだけ絞り込めるかが、11年3月期の業績のカギとなりそうだ。
(安西 達也)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地盤沈下に抗う<br>国際金融都市・ロンドンの秘策

強気の姿勢を押し出すジョンソン氏が首相に就任し、「合意なきEU離脱」が現実に迫る金融街シティー。逆境下で推進するフィンテック、グリーンファイナンス、人民元ビジネスの戦略を現地ルポ。イングランド銀行副総裁のインタビューも。

  • 新刊
  • ランキング