【産業天気図・鉄道・バス】客数が底入れし「曇り」に改善、ただ回復ペースは緩やか

予想天気
10年4月~9月 10年10月~11年3月

鉄道・バス業界は不況による旅客数の減少傾向が底打ちし、2010年4月~11年3月の業界景況感は「曇り」に一段改善しそうだ。ただ流通・ホテル等の事業は改善が見込めず、「晴れ」にはまだ遠い見通し。

10年3月期は上場JR3社、上場大手私鉄13社すべてが営業減益になる「雨」模様。不況に直撃され鉄道・バスの客数が減少。流通や不動産、ホテルなどの事業も不振だった。

10年4~9月は営業利益が好転し、前年同期比で増益になる会社が多い見通しだ。

鉄道客数の大幅な減少は08年秋から始まったが、10年1~3月で底を打った可能性がある。4月以降は前年同月比でプラスの数字が出る会社が増えてきそうだ。ただ、客数の回復力は強くない。

低調な個人消費を反映し、流通やホテルの改善ピッチも鈍い。増益率は小幅にとどまる。10年10月~11年3月も回復ペースは緩慢で、天気は「曇り」のまま推移する見込みだ。

上場JR3社の11年3月期は、前期比営業増益を予想している。鉄道の客数はビジネス需要の戻りが遅れるおそれがある。年末に東北新幹線が新青森まで延伸する効果はまだ小さい。

ただ、リーマンショック以降の大規模な雇用調整は一巡しており、大都市圏の通勤客は緩やかに上向く。JR3社の中では、東日本旅客鉄道<9020>の増益率が最も高い見込み。相対的に強い首都圏の需要を取り込めるうえ、10年3月期まで続いた退職給付関連費用(年間480億円)の計上がなくなるからだ

。一方、西日本旅客鉄道<9021>は、京阪神路線の苦戦などで営業利益は前期比強含み程度と予想する。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT