【産業天気図・鉄道・バス】客数が底入れし「曇り」に改善、ただ回復ペースは緩やか

予想天気
10年4月~9月 10年10月~11年3月

鉄道・バス業界は不況による旅客数の減少傾向が底打ちし、2010年4月~11年3月の業界景況感は「曇り」に一段改善しそうだ。ただ流通・ホテル等の事業は改善が見込めず、「晴れ」にはまだ遠い見通し。

10年3月期は上場JR3社、上場大手私鉄13社すべてが営業減益になる「雨」模様。不況に直撃され鉄道・バスの客数が減少。流通や不動産、ホテルなどの事業も不振だった。

10年4~9月は営業利益が好転し、前年同期比で増益になる会社が多い見通しだ。

鉄道客数の大幅な減少は08年秋から始まったが、10年1~3月で底を打った可能性がある。4月以降は前年同月比でプラスの数字が出る会社が増えてきそうだ。ただ、客数の回復力は強くない。

低調な個人消費を反映し、流通やホテルの改善ピッチも鈍い。増益率は小幅にとどまる。10年10月~11年3月も回復ペースは緩慢で、天気は「曇り」のまま推移する見込みだ。

上場JR3社の11年3月期は、前期比営業増益を予想している。鉄道の客数はビジネス需要の戻りが遅れるおそれがある。年末に東北新幹線が新青森まで延伸する効果はまだ小さい。

ただ、リーマンショック以降の大規模な雇用調整は一巡しており、大都市圏の通勤客は緩やかに上向く。JR3社の中では、東日本旅客鉄道<9020>の増益率が最も高い見込み。相対的に強い首都圏の需要を取り込めるうえ、10年3月期まで続いた退職給付関連費用(年間480億円)の計上がなくなるからだ

。一方、西日本旅客鉄道<9021>は、京阪神路線の苦戦などで営業利益は前期比強含み程度と予想する。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ブックス・レビュー
  • 不妊治療のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
第2、第3のSMFGを育てたい<br>三井住友FG社長インタビュー

4月に就任した太田純社長に、厳しい環境下での新たな戦略を聞く。中長期的な1つの方向性として、新興国で現地の金融機関を核にした総合金融グループ、つまり第2、第3のSMFGをつくり、一流に育てたいという展望が語られた。