起こるはずのない「医療崩壊」日本で起きる真因

各種データから読み解く「問題の真相」

1都3県に加え、7府県にも緊急事態宣言が発令されたが、「医療崩壊」の問題は今後どうなっていくのだろうか?(写真:Graphs/PIXTA)

1月7日、首都圏の東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県で2度目の緊急事態宣言が発令された。

記者会見を行った菅義偉首相は、「棒読みだ」「覇気がない」「逆に不安になる」など、散々な言われようだった。しかし、感染症の専門家として、コロナ診療にあたる現場の医師として、筆者はこの会見の内容を評価している。

菅首相は、「何としてもこれ以上の感染拡大を食い止め、感染を減少傾向に転じさせる。そのために、今回の緊急事態宣言を決断した」と理由を説明した。つまり、緊急事態宣言発出の理由をあくまで“感染拡大の防止”とし、“医療崩壊の回避のため”とはしていなかったからだ。

日本は本当に医療崩壊を起こしかけているのか

筆者の周辺を含め、間接、直接に聞く医療現場の疲弊の声は日に日に大きくなっている。1月2日には東京、埼玉、千葉、神奈川の4知事が西村康稔経済再生担当大臣と会談し、「1都3県における感染者数と、医療提供体制の現状を踏まえると、直ちに徹底した人流の抑制を図る必要がある」と詰め寄っていた。

目の前の住民の命を預かる自治体の長としては、致し方ない要請であったといえる。医療の受け皿が足りないという現実の前では、ひとまずは流行そのものを抑えるための社会的介入を求めざるをえなかったのだ。

しかし、そのことを直接的な理由として、かなり強い副作用を伴う緊急事態宣言に踏み切るということの“本質的な是非論”をこのまま放置してはならない。

ここでは、ややもするとぼんやりとしたイメージだけで語られがちな医療逼迫そして医療崩壊という問題をいくつかの基礎的なデータを踏まえて一考してみたい。

次ページ人口当たりの累積陽性者数は少ないのになぜ?
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 財新
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT