2代目レヴォーグ、ターザン山田がぶった斬る

レーサーがカーオブザイヤーの実力をチェック

今回、ターザン山田が試乗するのは、新型レヴォーグの中でもホットな最上級スポーツモデル「STI Sport EX」。車両価格は409万2000円(東洋経済オンライン編集部撮影)

「2020-2021日本カー・オブ・ザ・イヤー(略称:COTY<Car of the Year Japan>)」のイヤーカーに選ばれたスバル「レヴォーグ」。2020年8月に先行予約を開始、10月の正式発表を経て、11月下旬よりユーザーへデリバリーがはじまっている。エンジンからプラットフォーム、さらに運転支援システム「アイサイト」も進化させたスバルの本気が詰まった1台だ。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

44%のねじれ剛性アップを実現したボディ補強と、国内初となる“インナーフレーム構造”を採用した新世代のスバルグローバルプラットフォーム(SGP)に注目。さらに1.6Lから1.8Lにアップサイジングされた新開発の水平対向4気筒DOHC 1.8リッター直噴ターボ“DIT”エンジン「CB18」など、走行性能の底上げが実施されている。

日本カー・オブ・ザ・イヤーに選ばれ、勢いに乗っている新型レヴォーグだが、デリバリー開始直後でユーザーの声もまだ少ない。アイサイトXやデジタル化が進んだインテリアなど、見どころの多い新型レヴォーグだが、クルマの本質は走り。そこで今回は、国内はもちろん海外でも豊富なレース経験を持ち、市販車ベースのチューニングカーに精通したプロレーシングドライバー“ターザン山田”こと山田英二に新型レヴォーグの“走り”をチェックしてもらった。

ファーストコンタクト ターザン山田✕新型レヴォーグ

東洋経済オンライン編集部(以下、編):今回からはじまる“ターザン山田の試走記”ですが、記念すべき1台目は、日本カー・オブ・ザ・イヤーに選ばれた新型レヴォーグです。今回は、新型レヴォーグの中でも走りグレード「STI Sport EX」を借りてきました。まずは新型レヴォーグで気になるところはどこですか? 

新世代ボクサーエンジンとなる1.8L 直噴ターボ“DIT”。日常での扱いやすさを重視し、低回転域から300N・mの高トルクを発生。最高出力は130kW(177PS)となる(東洋経済オンライン編集部撮影)

ターザン山田(以下、タ):やっぱり1.8Lターボの実力が気になるよね。あとは可変ダンパーを採用しているみたいだからサスペンション性能。それとボディ剛性と4WD(AWD)のマッチングだね。とにかく新型レヴォーグは機能満載だから、まずは高速道路や市街地でインプレしてみたいよね。

次ページ新型レヴォーグのエンジンを斬る!
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT