2代目レヴォーグ、ターザン山田がぶった斬る

レーサーがカーオブザイヤーの実力をチェック

:スポーツ+のモードにすれば、減衰力が変化してロール感も減り、レスポンスも向上して、キビキビしたスポーツカーのようなハンドリングで気持ち良くコーナリングできる。ストローク量が確保されているのに、嫌なロールも感じなかった。印象としては、伸び側の減衰でロールスピードを抑えているように感じたよ。必要以上のピッチングや突き上げもなく、気持ちいいフィーリングに仕上げているね。

:また、モード設定でエンジン特性やパワステ特性まで変化して、走りに対する演出とスポーツ性能は乗っていて純粋に楽しいよね。ただ、パワステ特性は、単純に重くなるというか、かっちり感がでるだけなので、欲を言えばスポーツモードなら少ない舵角でクイックに曲がるとか、もっと攻めた制御をしてほしいかも!? それくらいスバルさん、攻めたモードにしてもいいんじゃない!?(笑)

:あとはコンフォートとスポーツ+が秀逸なだけに「ノーマル」の出番が少なそうだよね。バランスを考えればコンフォートだし、走りならスポーツもしくはスポーツ+になるから、そうなるとノーマルの使いどころが難しいよね。

サスペンションの気持ちよさはボディにあり!

:ずばり、サスペンションのよさはどこからきていると思いますか?やっぱり電子制御ダンパーの恩恵ですか?

:もちろん電子制御ダンパーの恩恵もあるけど、そのよさを引き出しているのはボディ剛性だね!ボディ剛性が高いから足がしっかりと動く、だからコンフォートモードやスポーツモードのようなキャラクターの違うモードでも性能を引き出せるんだと思う。新型レヴォーグから新設計のプラットフォームを採用しているそうだし、ボディ補強もかなり入れているみたいだよね。そのボディのよさを一番体感できるのがコンフォートモードだと思うよ。

特にターザン山田氏が絶賛していたのがブレーキフィーリングだ(東洋経済オンライン編集部撮影)

:あと、ブレーキ性能もよくて、とくにタッチフィーリングと踏力フィーリングが好みだね。初期はリニアに反応して、その先は踏力に対して素直にコントロールできるからスポーツ走行も十分楽しめそうだね。フロントとリヤのバランスがよく、ブレーキング時に四輪のサスペンションが同時に沈み込んで、しっかりとタイヤを路面に押し付けてくれる。レーシングカーだと面圧なんて言い方をするけど、タイヤ性能を引き出す大切なポイントなんだ。

次ページ最後にアイサイトXの実力は?
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • ドラマな日常、日常にドラマ
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT