この時期地味に人気「ガレット・デ・ロワ」の魅力

1月に食べるフランス菓子の知られざる貢献

フランスでは1月に欠かせないパイ菓子「ガレット・デ・ロワ」。日本でもこの時期になると多くの洋菓子店で見かける(写真:amaguma/PIXTA)

毎年この時期になると、さまざまな洋菓子店やパン屋に並びながら、日本で今ひとつブレイクしきっていない洋菓子がある。フランスの伝統洋菓子「ガレット・デ・ロワ」。「王様の菓子」という意味のアーモンドクリームを挟んだシンプルなパイ菓子は、フランスで1月6日のエピファニー(公現節)を祝うのに欠かせない菓子である。

この日は、東方の3人の博士が贈り物を持ってベツレヘムを訪れ、キリストに贈り物を捧げた日とされる。6日あるいは1月中のある日、フランスでは家族や友人たちが集まり、キリスト誕生が公になった日を祝う。ガレット・デ・ロワの中には、「フェーブ」と呼ばれる陶器の小さな人形が1つ仕込まれている。切り分けた際にフェーブが当たった人は、その日「王様」または「王妃様」役となる。

日本ではなぜか派手に取り上げられることはないが、”地味”ながらそのファンは多い。東京・西馬込の洋菓子店「メゾン・ド・プティ・フール」オーナーシェフの西野之朗氏によると、1990年の開業当時からガレット・デ・ロワを売る同店では、毎年の発売を楽しみにし、店に「まだか」と連絡してくる常連客までいる。

1月中旬頃までの販売期間に、毎年合わせて300~400個が売れ、予約でかなりの部分が埋まるという。「家族が揃っている三が日のうちに食べたい、というお客さんは多いです」と西野氏は話す。今年は18センチのホールケーキでプレーンが2808円(税込)、アンズ入りが2916円(同)、栗入りが3240円(同)。プレーンは、アーモンド粉入りの生地にカスタード生地を加えたクリームを挟んだ、少しリッチな味わいのパイである。

宗教色の少ない日本で普及活動

日本では2000年前後に一大スイーツブームが訪れ、その後もさまざまなスイーツが世の中を席巻したが、ブーム後もパティシエたちは着実に技術を磨き続けており、日本の洋菓子技術は世界でも高く評価されるようになっている。こうした技術向上を密かに支えているのがガレット・デ・ロワと言っても決して過言ではない。

キリスト教信者が少ない日本では、クリスマスといえば美しい飾り付けを眺め、ケーキやプレゼントを大切な人や仲間と楽しむものに過ぎない。しかもその後に、もっと重要な伝統行事の正月が控えているため、12月25日を過ぎた途端一気に正月ムードに切り替わる。

そんな宗教色の少ない日本で、ガレット・デ・ロワとその楽しみ方を広めることに尽力してきたのが、クラブ・ドゥ・ラ・ガレット・デ・ロワである。メンバーは職人たちのシェフ会員95人のほか、食品企業36社、学校6校、そして菓子愛好家たち130人に上る。

次ページ協会を作ったパティシエたちの「願い」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不妊治療のリアル
  • 奨学金借りたら人生こうなった
  • ベテラン車両の肖像
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT