この時期地味に人気「ガレット・デ・ロワ」の魅力

1月に食べるフランス菓子の知られざる貢献

フランスでは1月に欠かせないパイ菓子「ガレット・デ・ロワ」。日本でもこの時期になると多くの洋菓子店で見かける(写真:amaguma/PIXTA)

毎年この時期になると、さまざまな洋菓子店やパン屋に並びながら、日本で今ひとつブレイクしきっていない洋菓子がある。フランスの伝統洋菓子「ガレット・デ・ロワ」。「王様の菓子」という意味のアーモンドクリームを挟んだシンプルなパイ菓子は、フランスで1月6日のエピファニー(公現節)を祝うのに欠かせない菓子である。

この日は、東方の3人の博士が贈り物を持ってベツレヘムを訪れ、キリストに贈り物を捧げた日とされる。6日あるいは1月中のある日、フランスでは家族や友人たちが集まり、キリスト誕生が公になった日を祝う。ガレット・デ・ロワの中には、「フェーブ」と呼ばれる陶器の小さな人形が1つ仕込まれている。切り分けた際にフェーブが当たった人は、その日「王様」または「王妃様」役となる。

日本ではなぜか派手に取り上げられることはないが、”地味”ながらそのファンは多い。東京・西馬込の洋菓子店「メゾン・ド・プティ・フール」オーナーシェフの西野之朗氏によると、1990年の開業当時からガレット・デ・ロワを売る同店では、毎年の発売を楽しみにし、店に「まだか」と連絡してくる常連客までいる。

1月中旬頃までの販売期間に、毎年合わせて300~400個が売れ、予約でかなりの部分が埋まるという。「家族が揃っている三が日のうちに食べたい、というお客さんは多いです」と西野氏は話す。今年は18センチのホールケーキでプレーンが2808円(税込)、アンズ入りが2916円(同)、栗入りが3240円(同)。プレーンは、アーモンド粉入りの生地にカスタード生地を加えたクリームを挟んだ、少しリッチな味わいのパイである。

宗教色の少ない日本で普及活動

日本では2000年前後に一大スイーツブームが訪れ、その後もさまざまなスイーツが世の中を席巻したが、ブーム後もパティシエたちは着実に技術を磨き続けており、日本の洋菓子技術は世界でも高く評価されるようになっている。こうした技術向上を密かに支えているのがガレット・デ・ロワと言っても決して過言ではない。

キリスト教信者が少ない日本では、クリスマスといえば美しい飾り付けを眺め、ケーキやプレゼントを大切な人や仲間と楽しむものに過ぎない。しかもその後に、もっと重要な伝統行事の正月が控えているため、12月25日を過ぎた途端一気に正月ムードに切り替わる。

そんな宗教色の少ない日本で、ガレット・デ・ロワとその楽しみ方を広めることに尽力してきたのが、クラブ・ドゥ・ラ・ガレット・デ・ロワである。メンバーは職人たちのシェフ会員95人のほか、食品企業36社、学校6校、そして菓子愛好家たち130人に上る。

次ページ協会を作ったパティシエたちの「願い」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 若者のための経済学
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「説得力のある話ができる人」と「説得力のない人」の差
「説得力のある話ができる人」と「説得力のない人」の差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT