「住みよさランキング2014」トップ50

印西(千葉)3連覇、2位坂井(福井)、3位野々市(石川)

坂井市が2位に浮上

2位には、坂井市(福井)が昨年の4位から順位を上げた。

坂井市は2006年3月に、旧坂井郡の春江・丸岡・坂井・三国の4町が合併し、人口規模で県内第2位の市として誕生した。市域の過半は県内屈指の穀倉地帯である坂井平野が広がる農村地帯。高い持ち家比率と広い住宅を反映し、「住居水準充実度」で全国13位とトップレベルにある。

一方で、福井市のベッドタウンとしての性格も持っており、福井市の20%通勤圏に該当する。このため、補正の対象となる4指標すべてで補正を行った。補正に使われた福井市の指標は全国的に見て高い水準にあるうえ、今回追加した保育所の指数が全国89位とかなり高い評価だった。これにより、「安心度」の順位が昨年の93位から50位に上昇したことも、順位アップに寄与した。 

次ページ新しい市、石川県野々市市
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大赤字のソフトバンクグループ<br>それでも強気を貫く根拠

収益に大きな貢献を続けてきたファンド事業がグループの決算に大穴を開けた。事態急変でも孫社長は「反省はするが萎縮はしない」。強気の理由は何か。いずれにせよ焦点は上場申請を取り下げた米ウィーの再建だが、長丁場になりそうだ。