「住みよさランキング2014」トップ50

印西(千葉)3連覇、2位坂井(福井)、3位野々市(石川)

坂井市が2位に浮上

2位には、坂井市(福井)が昨年の4位から順位を上げた。

坂井市は2006年3月に、旧坂井郡の春江・丸岡・坂井・三国の4町が合併し、人口規模で県内第2位の市として誕生した。市域の過半は県内屈指の穀倉地帯である坂井平野が広がる農村地帯。高い持ち家比率と広い住宅を反映し、「住居水準充実度」で全国13位とトップレベルにある。

一方で、福井市のベッドタウンとしての性格も持っており、福井市の20%通勤圏に該当する。このため、補正の対象となる4指標すべてで補正を行った。補正に使われた福井市の指標は全国的に見て高い水準にあるうえ、今回追加した保育所の指数が全国89位とかなり高い評価だった。これにより、「安心度」の順位が昨年の93位から50位に上昇したことも、順位アップに寄与した。 

次ページ新しい市、石川県野々市市
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 中原圭介の未来予想図
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
崖っぷちに立つ大塚家具<br>久美子社長ロングインタビュー

父と娘が繰り広げた「お家騒動」の末、業績は悪化の一途。人材流出も止まらない。ファンドからの出資を得たが、運転資金は風前の灯だ。背水の陣を敷く大塚久美子社長の胸中やいかに。4ページのインタビューで、その強固な「信念」が語られる。