「住みよさランキング2014」トップ50

印西(千葉)3連覇、2位坂井(福井)、3位野々市(石川)

3位の野々市市はワンランクダウン

3位の野々市市(石川)は、2011年11月に旧野々市町が単独で市制施行して誕生した、新しい市。2012年ランキングから評価の対象となり、昨年の2位からは順位を1つ下げた。市内に石川県立大学、金沢工業大学が立地していることもあり、平均年齢39.7歳と人口構成は若い。

野々市市は金沢市のベッドタウンとして都市化が進み、幹線道路沿いには大型商業施設が多数建ち並ぶ。金沢市をはじめ近隣から多くの買い物客等が集まるため、「利便度」では全国1位。また、住民基本台帳ベースの人口増加率(2013年/2010年)では全国2位と人口の流入が続いており、住宅戸数の増加と相まって「快適度」でも全国7位の高水準にある。

金沢市の近郊という至便さから介護施設等も充実。さらに、金沢市の20%通勤圏であるため、「人口当たり病院・一般診療所病床数」の指標で同市の数値を採用したこともあり、「安心度」でも2位と、3部門で全国トップ10の好位置を誇る。ただ、学生や若年層世帯が多いため、持ち家世帯比率は低く、「住居水準充実度」では763位とワースト・レベルになっている。

「住みよさランキング」では、続編として、近日中に「部門別ランキング」、「地域ブロック別ランキング」の最新結果をお届けする予定だ。

■都市データパック

「住みよさランキング」でおなじみ、全国47都道府県の市・区ハンドブック。
豊富な社会・経済データと独自調査による多彩な地域情報で全国812市区を多面的に紹介。豊富な統計データもさらに充実。

紙版はこちら
データ版はこちら
次ページ「補正」とは?算出方法の詳細
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 中学受験のリアル
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
株式投資・ビジネスで勝つ<br>決算書&ファイナンス

この1冊で企業財務がぐっと身近に。PL、BS、CSの基本から、キーワードで読み解く業界分析、買収価格算出などの応用まで、厳選30のノウハウを丁寧に解説。業績絶好調企業に加え、会計と実態の差を補う疑似資産、会計利益先行率のランキングも。