ネズミは「チーズが好き」は人間の思い込みだ

野生のネズミの本当の好物は「穀物や果実」

一方、ネズミに話を戻すと、結論としてネズミはチーズが好きではないと考えられている。単なる人間の勘違いだったのだ。

シェイクスピア作品でもチーズのことが言及されており、その勘違いの歴史は400年以上にもなるという。古い文献にもたくさん記述が発見されているものの、いつどこで始まった勘違いであるかはまだわかっていないらしい。私もよかれと思い、チーズフレーバーのハムスター向けお菓子をネズミにプレゼントしていたが、彼らにとってはありがた迷惑だったのかもしれない。

野生のネズミの好物は穀物や果実である。そして、チョコレートのような甘いお菓子もこよなく愛している。

実は嗅覚の鋭いネズミにとってチーズの匂いはあまり魅力的なものではなく、とくに強い香りを持つブルーチーズが苦手らしい。嗅覚の鋭さは、嗅覚受容体遺伝子の数によって推定されているが、現在報告されている中ではトップのアフリカゾウの約2000個に、ラットの約1200個が続く。人は約400個とネズミの3分の1程度なので、われわれが心地よいと感じる匂いもネズミからすれば相当強烈に感じる可能性があるのだ。

個々のネズミによっても、好みの違いがある

もっともネズミはこだわりの少ない動物なので、なんでもよく食べるし、食べられるものにかぎらずなんでもかじることで知られている。ネズミの仲間の歯は生涯伸び続けるため、硬いものをかじって削らなければいけないのだ。かじるものは、くるみでも木でも電線でもなんでもよい。もちろん、チーズも例外ではない。とくに長期保存の効く硬い皮のチーズであれば歯を削るのに打ってつけだ。実際、保存していたチーズがかじられていたケースは多くあるようだ。

『ネズミのおしえ ネズミを学ぶと人間がわかる! 』(徳間書店)。書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします

個々のネズミによっても当然、違いはある。ハツカネズミのような小さなネズミは穀物を好む傾向にあるが、ドブネズミは肉や魚といった動物性タンパク質を好む傾向にある。同じ種類であっても個体差が大きく、ネズミの好物の違いを利用した実験もあるほどだ。

ちなみに著者の飼っているドブネズミも、主食としてハムスター用のペレットとドッグフードを与えているが、断然、ドッグフードのほうが食いつきがいい。

犬かハムスターでいったら、圧倒的にハムスター側の生き物であると思うが、不思議なものである。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 最新の週刊東洋経済
  • ドラマな日常、日常にドラマ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT