コロナ禍の婚活「年収で相手を選ぶ」とヤバい訳 結婚を急ぐ20代女性、30代前半男性が急増

印刷
A
A
コロナ禍でオンライン婚活も浸透し始めています(写真:yongshan/PIXTA)
新型コロナウイルスの感染拡大で、結婚を望む人が増えてきています。婚活の現場も従来のように対面で接点を持つことが難しくなる中、オンライン婚活が台頭するなど、新しい局面を迎えています。本稿は『「婚活」受難時代』から一部抜粋・再構成し、コロナ禍での結婚観がどう変化しているのか、普及するオンライン婚活で失敗しない方法をお届けします。

25~29歳女性の7割「34歳までに結婚したい」

新型コロナウイルスの感染拡大は、結婚観にも変化をもたらしているようだ。外出も人と会うことも自粛を余儀なくされ、家族の大切さを再認識したためか、「結婚したい」と考える人が増えている。

結婚情報サービス会社のオーネットが20歳から34歳の独身男女に調査をしたところ、2019年と比較して2020年は「結婚するつもりはない」と答えた人は減少傾向にある。とくに25~29歳の男性の減少が目立つ。2019年に「結婚するつもりはない」と答えたのは26%だったが、2020年には14%になっている。

また、「結婚したい年齢」も若年化している。何歳までに結婚したいかを聞いたところ、25~29歳の女性では「34歳までに結婚したい」と考えている人は2019年には58%だった。それが2020年には79%まで上昇している。コロナ禍で結婚を望む人が全体として増えており、中でも若年層にその傾向が強くなっているといえそうだ。

結婚観の変化について婚活カウンセラーでしあわせ相談倶楽部の村田弘子さんは、こう指摘する。

「10年ほど前までは『20代で結婚してしまうと遊べなくなるからもったいない』、と考える人も多かったのですが、最近は老後の不安が話題になったり、コロナ禍で人と会うのが難しくなったりして、早く結婚したいと考える人も増えているようです」

次ページ自分のライフプランをしっかり考えている
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT