2丁目「人気ドラァグクイーン」直伝の悩み解消

こんがらがった頭の中を整理する究極のメモ術

理由の2つ目は、新たに気づいたこと、感動したことなどを自分の言葉でメモすることで、「主観を把握する」ことができるからです。

あらゆるアイデアや思考は、主観、つまり「自分の思い」からスタートします。自分がその物事に対してどう思い、何を感じたか。それを深めていくことこそが「考えること」なのです。

ただ、頭の中で思っているだけでは、「思い」はなかなか形をなしません。感情を言語化し、文字としてメモに書くことで、私たちは、初めて自分の思いを客観視できるようになりますし、それまではっきりしていなかった問題が明らかになったり、アイデアのヒントが見つかったりもするのです。

たくさんの情報の中から「考えるべきこと」を絞り込む

さて、ロジカルメモの3つ目のステップは、右ページに自分の言葉で書いたものの中から、1つか2つ、とくに重要だと感じたことを付箋に書くことです。

おそらくみなさんは、情報もやるべき作業もたくさんある中で、「考えなければならないこと」をつねにいくつも抱えているはずです。しかし、人は複数のテーマについて、同時に高いレベルで思考を深めていくことはできません。重要なものから順番に片付けていくしかないのです。

また、「考えるのが苦手」という人の多くは、「いざ何らかのテーマについて考えようと思っても、何から手をつけたらいいかわからない」という悩みを抱えているのではないでしょうか。しかし、情報を自分の言葉で言いかえ、その中から重要なものを1つか2つ選ぶことで、自分がやるべき(考えるべき)ことが絞り込まれます。

考えるべきことが絞り込めたら、それを元に、さらに考えるための材料やアイデアの種となるものを集めたり、思考を深めたりしていきます。材料を集めたり思考を深めたりする方法はいくつかあるのですが、ここでは、「なんちゃってカラーバス法」と「9マス法」をご紹介しましょう。

次ページさまざまなメソッドで、思考を深め、アイデアを生み出す
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT