2丁目「人気ドラァグクイーン」直伝の悩み解消

こんがらがった頭の中を整理する究極のメモ術

●なんちゃってカラーバス法

なんちゃってカラーバス法は、考えるための材料やアイデアの種となるものを集める方法であり、加藤昌治さんが『考具―考えるための道具、持っていますか?』(CCCメディアハウス)の中で紹介された「カラーバス法」をヒントにしたものです。

これも、やり方は簡単。今、考えなければならないこと(付箋に書いたこと)を頭に入れつつ、普段どおりの生活を送り、もし材料やヒントになりそうなものが目についたら、すかさずメモしていくだけです。

「自分ごとになると、人は無意識のうちに、その物事に関する情報を集めるようになる」と書きましたが、考えるべきことを絞り、そこに意識を集中させると、街を歩いていても、テレビを観ていても、本やネットを見ていても、自然と「考えるべきこと」に関する情報が集まってくるようになります。それらはきっと、アイデアを生み出したり思考を深めたりするうえで、役に立つはずです。

さまざまな角度から捉える「9マス法」

●9マス法

9マス法は、グラフィックデザイナーの今泉浩晃さんが考案されたものですが、私はそれに少しアレンジを加え、発想の幅を広げたり、アイデアや仮説をつくったりするために使っています。やり方は以下のとおりです。

①紙に、短い文章が入る程度の長方形のマスを、縦に3つ、横に3つ並べて書く
②9マス格子の上に、考えるべきテーマを書いた付箋を貼り、左横に適当なサブワードを3つ、縦に並べて書く
③テーマ×サブワードの組み合わせで連想したことを、短い文章でマスに書いていく
④9マスがすべて埋まったら、格子の下にまとめを書く

上記の見本は、『鬼滅の刃』がヒットした理由を9マス法で私なりに考えてみたものです。

『ロジカルメモ 想像以上の結果をだし、未来を変えるメモの取り方』(書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします )

鬼滅の刃のヒットの理由は、キャラクターの魅力、起伏に富んだストーリー展開など、いろいろと考えられますが、ここでは「感動」「言葉」「ビジュアル」の3つの切り口から思いついたヒットの理由を書き込んでいき、9つ書き終わったら俯瞰して、最後の仮説を作るという作業をしています。

9マス法は、1つの物事を1つの側面だけから見るのではなく、できるだけ多くの角度から捉える方法です。そうすることで、1面から見ていただけでは気づかなかったことが発見でき、思いもよらなかったアイデア、ものの見方が生まれます。

ただ、いきなり「ヒットの理由」を考え始めると、「どこから考えたらいいのか……」と思考の迷宮に入り込んでしまうので、まずは切り口を3つ用意するというところが、9マス法のポイントです。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT