「会社にしがみつく男性」を蝕む大きな勘違い

年末年始に考える仕事、家庭、遊びのバランス

仕事中心の人生では定年後、家庭や地域にとって“勘違いおじさん”になってしまうかもしれません(写真:ほんかお/PIXTA) 
コロナ禍で大きく劇的に変わった環境の変化にとまどい、生きづらさを感じている人が多い昨今。とくに男性は、「規律正しい労働者」として男社会の枠組みの中で長年培ってきたノウハウが役立たない、「リモートワークでのマネジメント」「家事や育児への関わり方」など、どうしたらいいのかわからない不安を抱えています。
そんな不安を軽くするヒントを、男性学研究の精鋭、田中俊之先生がお伝えします。

もし、ヤマダ電機でビックカメラのポイントカードを出して、「ここにいっぱいポイントが貯まっているから買い物をさせろ」と店員さんに迫っている年配の男性がいたらどう思いますか。誰でもおかしいと思うはずです。しかし、いまだに「誰に食べさせてもらっていると思っているんだ」と家庭で妻や子どもに偉そうにする男性がいます。

この連載の一覧はこちら

あるいは、定年退職者の地域活動では、自己紹介でかつての勤め先と地位をひけらかし、マウントを取ろうとする男性は少なくありません。

「家庭のポイント」は家事や育児を担うことで、「地域のポイント」は清掃やお祭りなどに参加することで貯まります。それぞれのポイントに互換性はないので、会社で一生懸命働いているから、あるいは、働いてきたから職場以外でも威張ってもいいと考えている男性は、ヤマダ電機でビックカメラのポイントカードを出すのと同じレベルの過ちを犯していると言えます。

会社で貯めたポイントは社内、あるいは、せいぜい自分の働いている業界内でしか通用しないものです。

ちなみに、こうした勘違いは政治家、医師、弁護士、あるいは大学教員といった職業でさらにひどくなる危険性があります。自分が働いている業界の外でも「先生」と呼ばれるからです。注意する必要があるのは、範囲は広がっていたとしても、あくまで職業の領域において通用する肩書きだということです。「先生」だからといって、どのような場面でも偉そうにしていていいわけではありません。

「立派な社会人」としての自分

このような問題が生まれる背景には、「社会人」という日本語の使い方があります。学校を卒業して働き始めたばかりの頃は、「社会人としての自覚を持って」などと周囲から注意されることが少なくなかったかもしれません。

しかし、何年も働いていれば人から指摘を受けるまでもなく、社会人としてふさわしい振る舞いができるようになるものです。最初は面倒だった残業や満員電車にも違和感がなくなり、「仕事を中心とした生活」に慣れていきます。このようにして、人は「立派な社会人」になっていくのでしょう。

次ページ正規雇用で働く会社員のみが「社会人」の日本
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • トクを積む習慣
  • ネットで故人の声を聴け
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT