子供も部下も育つ「一流のほめ方」、超簡単7秘訣

資生堂・魚谷社長の「スゴい人心掌握術」も紹介

世界のトップエリートほど、きちんと「相手を育て・動かす一流の褒め方」を身につけており、それによって、まわりの人の心をわし掴みしているものなのです。

超一流の達人は、一言で終わらせるのではなく、以下の4つの要素を組み合わせて褒めます

一流の褒め方は「4つの要素」が組み込まれている

①「承認」――相手の存在や行動に気づき、認めること
(例)
「なるほど、そういうやり方もあるね」
「最近、目の色が違うね」
「お母さんは毎朝早くから、お弁当づくり、大変だね」
 
「共感」――相手の気持ちや意見に同調し、賛同・肯定をすること
(例)
「その気持ちすごくわかるよ」
「そのとおりだね」
「つらかったでしょう」
 
③「賞賛」――優れた点を褒めること
(例)
「いいセンスだね」
「非常に勉強になったよ」
「さすがプロの仕事だね」
 
④「感謝」――「ありがとう」と礼をいうこと
(例)
「いつも、きめ細かく気を配ってくれてありがとう」
「的を射たアドバイス。感謝の気持ちでいっぱいです」

それぞれの言葉「承認(みとめる)」「共感」「賞賛(褒める)」「感謝」の頭の1文字をとって、「ミカンほかん(保管)の法則」と名付けています。先ほどの魚谷社長のメールにも、この4要素がふんだんに盛り込まれています。

たんに「すごいね」と褒めるのと、この4つを組み合わせながら褒めるのでは、効果がまったく違うのです。例えばこんな感じです。

●「大口の契約がとれたそうだね」(承認・認める
●「なかなかうまくいかず、つらい思いをしたから、余計うれしいよね。その気持ちはよくわかるよ」(共感
●「チームのメンバーにも気を遣い、お客様への心配りも素晴らしかった。よくがんばったよ」(賞賛・褒める
●「心からおめでとう。そして本当にありがとう」(感謝

「ポジティブな言葉」であふれた1年を

おざなりな「お疲れさま」の代わりに、「1日、笑顔でがんばってくれたね。お客さんも喜んでいたよ」。「ごちそう様」だけではなく、「やっぱり、〇〇さんの××は史上最高においしいね」。

「がんばったね」だけでなく、「もう宿題終わらせたなんて、すごく成長したよね、すごいよ」。もう一声「盛ってみる」ことで、気持ちの伝わり方が変わってきます

どうですか。こんな声掛けをされたら、子供も部下も、やる気がぐんと上がるのではないでしょうか。「食べるもの」が体を作るように、「発する言葉」が心を形作ります。

今回紹介した「3つの原則」と「4つの要素」を盛り込んだ「7つの秘訣」を使えば、「世界最高の褒め方」は誰でも、今日から実践可能です。

みなさんの2021年が、「世界最高の褒め方」で「ポジティブな言葉」にあふれた、周りの人がぐんぐん育つ1年になりますように。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT