リーマン出身幹部が次々と流出、野村ホールディングスの試練

リーマン出身幹部が次々と流出、野村ホールディングスの試練

野村ホールディングスで旧リーマン・ブラザーズ出身幹部の流出が相次いでいる。

欧州・中東・アフリカ地域CEOのサディック・サイード氏が今月の3月16日に退社することを発表したのに続き、アジア地域(日本を除く)の投資銀行部門共同ヘッドのコリン・バンフィールド氏が近く退社する。

サイード氏は、野村が08年9月にリーマンの欧州・アジア部門を買収した後、欧州・中東・アフリカ地域を統括するトップとして組織融合に力を発揮してきた。同氏は、後任が決まるまでは野村(ロンドン)に残る予定。辞任の理由について野村は明言していない。

アジアM&A部門トップも退社、まさに報酬保証の契約が切れるタイミング

また、バンフィールド氏はアジアで19年の経歴を持つM&Aのプロ。野村がリーマン買収で獲得した「目玉の人材の一人」(関係者)と言われていた。野村へ移籍後もアジア(日本を除く)のM&A部門ヘッドを務め、今年1月にアジア地域(日本を除く)の投資銀行部門共同ヘッドに昇格したばかりだった。今後は米シティグループへ移籍し、アジア地域のM&A部門を統括すると見られている。

その他にも今月に入って、アジア部門の幹部の離脱が相次いだ。

アジア株式部門ヘッドのシギー・ソーケルセン氏、アジア債券部門共同ヘッドのトーマス・シーグマンド氏、アジア地域エクイティキャピタルマーケッツ部門ヘッドのジェフリー・フェルドキャンプ氏、中国の投資銀行部門副会長を務めていたジェーン・ワン氏らが去っている。いずれもリーマン出身。野村は辞任の理由について「個人的な理由」(グループ広報)と説明する。

野村は08年に約8000人のリーマン社員を継承したが、その際、今年3月までの期間についてリーマン時代と同額の報酬(一部社員はボーナスを含む)を保証する契約を結んでいた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT