「最高の腸活」スーパーフード、意外すぎる5食品

「腸の汚れ・詰まり」を改善する身近な健康食材

まず紹介する「スーパーフード」は、「アダムスキー式腸活法」に欠かせない食材「トマト」です。

腸にいい身近な食材の代表は「トマト」と「果物」

【1】活性酸素の除去や血流の改善に効く「トマト」

「『アダムスキー式腸活法』といえばトマト」といってもいいほどおすすめの野菜です。

トマトは、「腸の流れ」を改善するだけでなく、「リコピン」の補給にもなります。リコピンというのは「カロテノイド」(赤や黄色の天然色素)の一種で、活性酸素の除去や血流の改善、がん予防において効果があると報告されています。

自然界に存在する食べ物の中でも、トマトの「リコピン濃度」は最高クラスです。 

食べ方は、生でももちろんいいですが、加熱したものがとくにおすすめです。高温で加熱することでトマトの細胞が壊れて「リコピン」が外に出てくるため、体内での吸収がよくなるからです。

トマトは、健康に欠かせない食べ物です。定期的に、可能であれば毎日でも摂取するべきだと私は考えています。

【2】「抗酸化物質」の宝庫「果物」

いくつかのダイエット法では、果物を食べることが禁じられているものもあります。しかし、これは大きな見当違いです。

果物は「消化管の詰まり」をとる「ラバーカップ」のような働きをしてくれます。果物は糖分を含んでいるだけでなく、「抗酸化物質の宝庫」です。

「抗酸化物質」は老化防止や、単なる風邪からがんまで、さまざまな病気の予防効果を期待できるものです。果物を食べないということは、がん予防に欠かせない抗酸化物質「ポリフェノール」をとる機会を大きく損失してしまうともいえるのです。

果物の糖分が気になる人は、ベリー類のような「GI値の低い果物」を食べるようにするのがおすすめです。

かんきつ類は、「ビタミンC」を多く含むだけでなく、抗炎症作用のある「ファイトケミカル」がたっぷり含まれ、がん細胞の増殖を抑制する効果があるといわれています。

次ページ日本の「緑茶」もスーパーフード?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT