話のきっかけは意外なところにある

養毛剤の話でさえも盛り上がれる!

藤原さんは2003年から5年間、都内では義務教育初の民間校長として杉並区立和田中学校校長を務めました。さらに2008 ~2011年、橋下大阪府知事ならびに府教委の教育政策特別顧問として活躍。「教育改革」をライフワークとしています。

これまで、教育家として、プランナーとして、はたまた『人生の教科書[よのなかのルール]』『人生の教科書[人間関係]』(ちくま文庫)などの著者として、多くの迷える若者を指導してきた藤原さん。この動画シリーズでは、「話し方」を熱血指導します。話し方は訓練をすればブラッシュアップできます。しかも時代とともに、正しい話し方は変化していきます。「時代にあった話し方」、あなたはできていますか?

今回のテーマは「話のきっかけは意外なところにある」。養毛剤も、話のきっかけになるのです。では動画をご覧ください。

関連記事
トピックボードAD
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 激震!トヨタ×ソフトバンク
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • 卒業 さや姉の克己心
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
トヨタとソフトバンク<br>入り乱れる異業種連携

「モビリティサービス会社に変わる」宣言をしたトヨタ自動車が、常に先を行くソフトバンクに頭を下げた。世界企業の合従連衡を1枚で表した「自動車・IT業界地図」に崩れる垣根が一目瞭然。