中国スマホ「シャオミ」が4000億円超の調達計画

ライバルの苦況に乗じ、シェア拡大へ資金確保

シャオミは海外市場での販売を急速に伸ばしている。写真はロシアにあるシャオミ製品の専売店(同社ウェブサイトより)

中国のスマートフォン大手の小米(シャオミ)が、市場シェア拡大に向けた新たな軍資金の確保に乗り出した。同社は12月2日、株式の追加発行と転換社債の組み合わせにより約39億1500万ドル(約4085億円)を調達する計画を発表した。

シャオミによれば、株式の追加発行は10億株を予定しており、これは増資後の発行済み株式の4%、議決権の1.5%に相当する。発行価格は香港証券取引所での12月1日の終値より9.4%安い1株当たり23.70香港ドル(約319円)。計画どおりに完了すれば、追加発行による資金調達額は30億6000万ドル(約3193億円)となる計算だ。

転換社債については額面8億5500万ドル(約892億円)、金利0%、償還期限7年という条件で発行する。暫定的な転換価格は12月1日の終値より40.5%高い1株当たり36.74香港ドル(約495円)に設定された。

今回調達する資金の使い道について、シャオミは「業務拡大のための運転資金、市場シェア拡大のための投資、戦略的エコシステム強化のための投資」などの一般的な用途を挙げている。

アップル抜き世界シェア3位に浮上

このタイミングで大規模な資金調達に動いた裏には、中国の通信機器最大手の華為技術(ファーウェイ)がアメリカ政府の制裁により半導体の調達が困難になり、スマホの出荷台数を落としていることがある。

シャオミはライバルの苦況に乗じて、同社の弱点だった中国国内の実店舗ルートの販売を強化しようとしている。シャオミの中国地区総裁を務める盧偉冰氏は11月26日、シャオミ製品の専売店の「小米之家」を1年以内に中国国内のすべての中小地方都市に開設すると宣言した。

本記事は「財新」の提供記事です

一方、海外市場ではいち早く拡販の成果が上がり、市場シェアが急拡大している。市場調査会社のIDCによれば、シャオミの2020年7~9月期のグローバル出荷台数は4650万台と、前年同期比42%増加。初めてアップルを抜き、サムスン電子とファーウェイに次ぐ世界3位に浮上した。

(財新記者:何書静)
※原文の配信は12月2日

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT