中国スマホ大手「OPPO」、販売目標大幅増の勝算

ファーウェイのシェア低下見込み強気の攻勢

OPPOは価格性能比の高さと中国全土に張り巡らせたリアル店舗網に強みを持つ。写真は同社のスマホの最新機種「Reno4 Pro」(OPPOのウェブサイトより)

中国のスマートフォン大手のOPPO(オッポ)が、今年の販売目標を大幅に引き上げたことがわかった。9月7日、OPPO副総裁の劉波氏が(部品メーカーや販売代理店などの)取引先に宛てた内部通知のなかで、2020年7~12月期のグローバル販売目標を1億台に修正するとともに、中国市場の販売目標を30%以上引き上げたことを明らかにした。

市場調査会社のデータによれば、2020年1~6月期のOPPOのグローバル出荷台数は4660万台。そのうち中国市場向けが2590万台だった。今回の目標修正で2020年の通年のグローバル販売目標は1億4660万台となり、2019年の出荷実績より28%増加する計算だ。

「OPPOが大胆に目標を引き上げた裏には、華為技術(ファーウェイ)の市場シェアを奪取したいという思惑がある」。市場調査会社カナリスのアナリストを務める賈沫氏は、そう分析する。

ファーウェイはアメリカ政府の制裁強化の影響で、9月15日以降は半導体やソフトウェアの安定調達が困難になる。このためファーウェイのスマホの出荷台数は大幅に減少し、「市場に構造的な変化をもたらす可能性がある」と、賈氏は予想する。

国内はOPPOやvivo、海外はシャオミに商機

アメリカ商務省が5月15日に発表した禁輸措置により、ファーウェイが設計した半導体を受託製造していた台湾積体電路製造(TSMC)や中芯国際集成電路製造(SMIC)は、9月14日までの猶予期間が過ぎるとファーウェイ向けの製品出荷ができなくなる。8月17日には制裁がさらに強化され、ファーウェイが外部の半導体設計会社から(ファーウェイ向けにカスタマイズされた)チップを調達する抜け道も塞がれた。

ファーウェイは2019年のスマホ出荷台数が2億4100万台に達し、世界シェアは17.6%で第2位、中国市場のシェアは38.5%で首位だった。しかし半導体の供給が完全にストップすれば、部品在庫が底をついた時点で生産停止に追い込まれてしまう。

本記事は「財新」の提供記事です

「スマホの生産量を短期間で増やす能力があるメーカーにとって、ファーウェイの苦況はシェア拡大の好機だ」。前出の賈氏はそう指摘する。中国市場ではリアル店舗の販売網が充実しているOPPOやvivo(ビボ)が優位なポジションにあり、海外市場では進出先の多くがファーウェイと重なる小米(シャオミ)のチャンスが大きいという。

(財新記者:屈慧)
※原文の配信は9月8日

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT