アマゾンで「売れているビジネス書」ランキング

読書猿「独学大全」が2週連続で1位を獲得!

著者がテレビ出演した影響で『人新世の「資本論」 (集英社新書)』が3位に入りました(写真:peach/PIXTA)

アマゾンの協力のもと、毎週配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ランキング。本記事でお届けするのは、11月29日~12月5日のランキングだ。

なお、「前週順位」については前週に発売されて初登場する書籍については「NEW」と記載、前週順位が1000位以下だった場合には「-」と記載している。

著者テレビ出演の『人新世の「資本論」』が3位

今週(11月29日~12月5日)のランキングでは、前週も1位だった『独学大全 絶対に「学ぶこと」をあきらめたくない人のための55の技法』(読書猿著、 ダイヤモンド社)が2週連続で1位に輝いた。アマゾンによると、安定して注文が集まっているという。

『独学大全 絶対に「学ぶこと」をあきらめたくない人のための55の技法』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

2位には、前週3位だった『さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0』(トム・ラス著、日本経済新聞出版社)がランクインした。アマゾンによると、毎日安定して注文が集まっていることに加え、特定カスタマーによるまとめ買いが影響しているという。

3位には、前週14位だった『人新世の「資本論」 (集英社新書)』(斎藤幸平著、集英社)がランクインした。著者がテレビ番組『サンデーモーニング』に出演したことが影響している模様だ。

初登場で24位にランクインしたのが、『Be Yourself 自分らしく輝いて人生を変える教科書』(川原卓巳著、ダイヤモンド社)だった。アマゾンによると、安定して注文が集まっているという。

次ページ以降、200位までのランキングを紹介する。「次に読む1冊」を探すための参考にしてほしい。

次ページまずは1~50位!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
民放キー局が「TVer」に任せた2つの大役と不安
民放キー局が「TVer」に任せた2つの大役と不安
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT