「伊能忠敬の働き方」が主流になる老いなき世界

「必要とされる仕事」が激変する世界の生き方

「老いなき世界」を社会はどう迎え、ビジネスはどうシフトし、私たちはどう生きるべきか(写真:Fast&Slow/PIXTA) 
人生100年時代とも言われるように、人類はかつてないほど長生きするようになった。しかし、私たちはよりよく生きるようになったと言えるだろうか? もしいくつになっても若い体や心のままで生きることが可能となったら、社会、ビジネス、あなたの人生はどう変わるのだろうか?
ハーバード大学医学大学院の教授で、老化研究の第一人者であるデビッド・A・シンクレア氏が、人類が「老いない身体」を手に入れる未来がすぐそこに迫っていることを示した、全米ベストセラー『LIFESPAN(ライフスパン):老いなき世界』。
2020年10月27日、SPBS TORANOMON主催のオンライントークが開催された。ゲストは、キュレーション・ニュースメディア「LOBSTERR」を運営する、佐々木康裕、宮本裕人、岡橋惇の3氏。「老いなき世界」を生きる私たちのこれからの働き方について語り尽くした。

人生120年時代は楽しみか?

佐々木康裕(以下、佐々木):『ライフスパン』を読んで、人生観が変わるほどの刺激を受けました。

『LIFESPAN(ライフスパン):老いなき世界』特設サイトはこちら(書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)

人生120年時代、それも健康寿命が120歳まで延びる時代になる。僕はいま30代後半ですが、プラス80年となると2100年、22世紀まで生きるという話ですよね。人類の進化を考えるとワクワクします。

体の一部をサイボーグ化する、地球以外の場所に定住する、その他いろんなことができるようになると思うと、過去の資産を食いつぶすのではなく、これからも資産を積み上げていかなければということも思いました。

宮本裕人(以下、宮本):僕は、佐々木さんとは逆で、怖くなりました。

多くの人が120歳まで生きられる世界になったとき、いまの世の中の悪いところも1.5倍ぐらいに拡大されるのではないかと感じたんです。

次ページ働きながら学び、学びながら働く
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • iPhoneの裏技
  • 住みよさランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT