野村証券が規制緩和に違和感を抱く決定的理由

「ファイアーウォール規制」の緩和は是か非か

――例えばM&Aをするときに証券と銀行で同時に話ができると顧客の利便性が高まるという意見があります。

その場合はM&Aから話が始まりますよね。「この会社を買収しましょう、こういう戦略があって、企業価値が上がりますよ」とか、「こういう手順でファイナンスしましょう。最初借入をして、ブリッジローンして、借り換えて……」ということを当然話すわけです。

ただ、どこの銀行からいくらの金利で何年借りてというのを、その時点で決める必要はない。例えばうちの場合は、NCI(野村キャピタル・インベストメント)というブリッジローンを出す子会社がある。詳細を詰めるときは、NCIを話に入れるために企業から同意書をもらう。確かにひと手間だが、それがM&Aの執行に大きな障害になるかというと、ならない。

規制の形にこだわるつもりはない

――では、利益相反や優越的地位の濫用を防ぐために、どのような対策が必要だと考えていますか。

監督制度がきちんとしているイギリスでも、優越的地位の濫用が起きている。新型コロナウイルスで融資が増えた一方で、資本調達、増資する際には「ちゃんとうちを(取引に)入れてね」という圧力が、1件じゃなくて複数起こっている。やはり構造的に起こるんですよ。

こうした事態が起きたときに、イギリスではいち早く当局が察知して、今年の4月にはすでに「ダメですよ」と言っていた。こういったモニタリングができればさすがに抑止力にはなりますし、なんでもやり放題にはならない。

そもそも、ファイアーウォール規制が必ずしもベストだとは思っていない。最初は業際問題を緩和する意味合いも強かったが、今は優越的地位の濫用、利益相反を抑止するという目的で残っているだけだ。

ファイアーウォール規制という形が大事なのではなく、優越的地位の濫用と利益相反をどう抑止するか、もしくは抑止できなかった場合に、どういう罰則規定を課すかということが本質的に大事な話だ。規制の形にこだわる必要はない。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT