シャケ、チクワは邪道!究極の「のり弁」作り方

朝7時に仕込んで、5時間まってから食べるべし

まず弁当箱。当時の弁当箱はアルマイトだったから、史実にのっとってそれでいこうと思った。そう思って弁当箱を買いに行ったのだが、いまはほとんどプラスチックなんですね、タッパーウェアみたいなのばっかり。
ようやく1つだけ見つけたのだが、これもフタはプラスチックだった。

このように超本格的を目ざすと、難関が次々に立ちはだかる。正午に食べる、5時間後に食べる、これを守るには朝の7時に弁当を作らなければ ならない。

海苔弁のために、わざわざ朝7時に起きなければならないことになった。朝7時に起きて海苔とゴハンと醤油を用意する。ゴハンは「レンジで2分」のパックめしでいくことにする。パックめしをチンして弁当箱に詰める。
この弁当箱はかなり大きくて、パックめしが 2個半入った。

どうってないことが意外に楽しい

熱いゴハンを弁当箱に詰め、シャモジで四隅にならすのだが、こんなどうってことないことが意外に楽しい。二段式にするつもりなので、弁当箱半分ほどになったところで、弁当箱よりひとまわり大き く切った海苔をかぶせる。海苔は時間の経過とともに縮むから、それを防ぐために海苔の四辺を箸で中へ押し込んでいく。こんなどうってことないことが、これまた楽しいんですね。

『ゴハンですよ』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトへジャンプします)

ここで醤油をかけまわす。醤油は海苔の上で2、3カ所にたまってしまうので、シャモジで全域に散らすようにならす。このどうってことないはやはりどうってことなくてそれほど楽しくないんですね。
もう一段ゴハンをのせ、海苔をかぶせ、醤油をかけまわしてフタをする。

史実にのっとり新聞紙で包む。それを仕事場の机の脇に置く。中高生のときはこれをカバンに入れて電車に乗るわけだから、このまま机の脇に置いておくわけにはいかない。仕事をしながらときどき弁当箱をゆする。お昼が待ち遠しくてならない。

正午。きっかりに弁当箱を引き寄せる。いよいよフタを開けるのだ。ふつう、弁当のフタを開けるときは、「さあ、どんな弁当かな」と思うものだが、なにしろ自分で作ったのだからそのすべてを知っている。でも弁当のフタを開けるのは楽しいものなのだ。

(イラスト:東海林さだお)

開ける。

作った通りの弁当がそこにあった。もし違っていたらコワイが、弁当箱の中は全域海苔、どこもかしこも海苔。むせかえるような海苔の匂い、醤油の匂い、醤油のしみたゴハンの匂い。

ウーム。醤油と湯気でグズグズになった海苔がゴハンに合う。稲荷ずしは作りたてより時間をおいたほうが旨いというが、そう、海苔とゴハンが〝ヅケ〟になっている。

一口食べ、二口食べ、さてこのへんで、と、史実にのっとって包んであった新聞をガサゴソ広げて読み始める。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT