コンビニ弁当で密かに「チルド化」が進む納得理由 丼ものや麺類中心から技術改良で種類が拡大中

印刷
A
A
コンビニの弁当コーナー。おにぎりなどが置かれる左の常温ケースと右の冷蔵ケースでは管理温度が異なるが、近年は冷蔵ケース用の弁当が急拡大している(記者撮影)

コンビニの弁当コーナーが密かな変化を見せている。

おにぎりが並ぶ常温ケースの下の棚に置かれている弁当の数や種類が、以前と比べて減少。その代わり、丼ものや麺類が中心だった冷蔵ケース内に置かれる弁当が増えているのだ。

おにぎりの下の棚にある弁当は「常温弁当」と呼ばれ、20℃程度の温度帯で管理される。一方、5℃程度の温度で管理されている冷蔵ケース内の弁当は「チルド弁当」と呼ばれる。冷蔵されているため、「電子レンジ専用」と注意書きが付されている。

コンビニ大手に弁当や総菜などを卸すベンダー会社によると、「チルド弁当の納入数が増えており、2022年度には常温弁当と数が逆転する見込み」だという。

以前のカツ丼は”モドキ”だった

「カレーや丼ものなどのようにご飯とおかずがつねに触れている弁当は、常温だとべちゃべちゃになってしまう。それがチルドなら半熟の卵も使える。チルド弁当が登場する以前のカツ丼などは、正直”モドキ”だった」

セブン-イレブン・ジャパン商品本部の笠石吉美デイリー部長は、チルド弁当の登場でコンビニ弁当のおいしさが増したと話す。

消費者の気にする健康面でもチルド弁当に分がある。常温弁当では保存用の添加物を一定程度使わざるをえないうえ、消費期限を延ばすために塩分や砂糖が多めに使用されがちだ。

店舗サイドからすると販売上のメリットは大きい。商品にもよるが、常温弁当の消費期限は店に到着してから20時間前後。対するチルド弁当の消費期限は1日半~3日程度と長い。購入されるチャンスがそれだけ増え、廃棄ロスの削減につながる。店頭に並べられる時間が長くなることで、ラインナップが薄くなりがちな深夜帯にも一定の品ぞろえを確保できる。

チルド弁当が増えれば、製造コストの引き下げにもつながる。セブンの場合、消費期限の短い常温弁当は1日に3回店舗に配送され、工場から配送できる距離に限界がある。一方のチルド弁当は1日1回の配送が基本で、遠方への出荷が可能。結果として生産体制を集約化できるため、製造効率が向上するのだ。

次ページ味の素の「酵素」がご飯を変えた
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT