老舗が続々と閉店「住みたい街・吉祥寺」の変貌

ハーモニカ横丁など人気スポットも点在する

老舗のレストランが続々と閉店しています(写真:筆者撮影)

「住みたい街」の代名詞となっている東京・吉祥寺(武蔵野市)。2020年の「住みたい街ランキング(関東版)」(SUUMO)では横浜、恵比寿に続いて3位となっている。そんな人気の街もコロナ禍の直撃を受け、多くの店舗が閉店に追い込まれた。数十年にわたって営業を続けてきた老舗も例外ではない。

 多くの人々に愛された店が、長い歴史の幕を閉じている。主だった店を挙げると、「コーキーズハウス」(22年間営業のアメリカンダイナー=4月閉店)、「芙葉亭」(33年間営業のフレンチ=5月閉店)、 「OLD CROW」(31年間営業のイタリアン=5月閉店)、「葡萄屋」(37年間営業の黒毛和牛のステーキ・しゃぶしゃぶなど=7月閉店)、「スパ吉」(17年間営業のパスタ専門店=8月閉店)、「金の猿」(23年間営業の和食ダイニング=12月閉店予定)。

思わずため息が出てしまう。「コロナ禍さえなかったら……」というのが関係者の共通した思いだろう。ある店にはこんな挨拶が掲示されていた。「ご愛顧ありがとうございました。 新型コロナウイルス感染拡大に伴い、このようなご挨拶となってしまい、誠に残念ではありますが……」。

食べログの掲載店舗数も減少

吉祥寺にはさまざまな飲食店が軒を連ねている。大手グルメサイト「食べログ」で「吉祥寺 すべてのお店」で検索すると、総数は「1416件」となっていた(11月25日時点)。

口コミ投稿者がカウントした過去の吉祥寺の掲載店舗数を見ると、2020年1月1日時点では1680件となっている。それが9月1日時点では1367件へと、なんと313件も減っているのだ。

この激減ぶりはメディアでも報じられ、話題になったものだ。(ちなみに武蔵野市に確認したところ、市内の飲食店の総数は平成28年の経済センサスをベースに約1200軒と認識しているという)。

一方で11月に入り、食べログ掲載店舗数は1400件台まで回復しつつある。最近の新規オープン店舗をカウントすると、10月以降だけでも約20件の店がオープンしている。コロナ禍が最悪の状況を迎える中で、再び閉店する店が増えてしまう恐れはあるが、この街のリカバリー力というか、新陳代謝パワーはすごいものがある。

次ページ多くの人気スポットが点在する
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT