「K-POPの裏側」描くNetflix映画が話題のワケ

韓国人気ガールズグループ「BLACKPINK」に密着

苦労話や孤独感を語り続ける彼女たちから時に影のような暗ささえも感じます。そこにはアイドルとしての夢物語よりも現実を生きる1人の人間の夢物語として見せたいという彼女たちの意思がありそうです。

つねに沈着冷静なジスの「好きなことを仕事にできる人はそんなに多いわけじゃない。幸運に恵まれた人だけ」という言葉や、ムードメーカーのリサすらも「この先新しい若い世代に(人気を)取って代わられてもそれはそれで構わない。忘れないでいてくれればね」と話しているからです。

韓国系アメリカ人監督が選んだラストシーン

彼女たちの心情をうまく引き出しているのは監督の手腕も大きいはず。Netflixオリジナル作品『美味しい料理の4大要素』も手掛けた韓国系アメリカ人のキャロライン・スーが本作の監督を務めています。このドキュメンタリーに関わることになって、初めてK-POPの世界を知ったという監督の新鮮な視点が功を奏したのではないかと思うのです。

メンバー唯一のタイ人のリサ。インスタグラムのフォロワー数においてK-POPスターの中でトップを走る(写真:YG/Netflix)

米最大手のエンターテインメント誌『Variety』のインタビューに対して、スー監督は「彼女たちがどのようにしてBLACKPINKになったのか、そしてそれが現在の彼女たちを作り出していることを伝えるストーリーにしたいと思ったのが最初の構想段階にあった」と語っています。

実際に彼女たちと会って話すと、予想していたものとは違っていた様子。「それがかえって面白かった。彼女たちはどうやって頂点に達したかというよりも、スタート地点にいると感じているのです」。このときのファーストインプレッションを大事にしたからこそ、彼女たちの心の内にまで入り込むことができたというわけです。

食事をしながら20年後の自分たちについて話しているガールズトーク満載のシーンがエンディングを飾っているのですが、実はこれが最初の撮影だったことも明かしています。「進化し続けるBLACKPINKのエンディングにぴったりだった」と話す監督の言葉に大きく頷けます。BLACKPINKの光の部分と、そして闇までもあえて映し出しているのは、それだけ世界で人気が確立し、自信の表れであることを見せつけられる作品なのです。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT