「K-POPの裏側」描くNetflix映画が話題のワケ

韓国人気ガールズグループ「BLACKPINK」に密着

やや情緒的ながら、BLACKPINKを通じて世界各地で社会現象になっているK-POP人気の背景を追っていくなか、最大の見せ場はアメリカ最大規模の音楽の祭典、コーチェラ・フェスティバルにK-POPガールズグループとして史上初の出場を果たすシーンにあります。

アメリカ最大規模の音楽祭典「コーチェラ・フェスティバル」ではK-POPのガールズグループとして史上初の出演を果たしたBLACKPINK。左からリサ、ジス、ロゼ、ジェニー(写真:YG/Netflix)

リサの故郷であるタイ・バンコクを皮切りに、アジア・北米・ヨーロッパの国々を9カ月かけてまわったBLACKPINKの2019年世界ツアーに同行した様子を含めてその舞台裏をカメラに収めています。BLINK(ブリンク)と呼ばれる世界中にいるファンにはたまらない未公開場面がたっぷり届けられたというわけです。

ただし、この作品のもう1つの醍醐味はK-POP躍進の裏側を描くところにあります。音楽ドキュメンタリーにありがちなプロモーション優先度は実は低め。丁寧に残されたデビュー前のアーカイブ映像やBLACKPINKメンバー1人ひとりが語る言葉からそんな印象を持たせています。

先の見えない下積み練習生時代

日韓プロジェクト発のオーディション番組で一躍有名になったNiziUのようなグループ結成でデビューの切符をつかみ取るケースもありますが、BLACKPINKのメンバー4人はそれとは異なります。

4人共にYGエンターテインメントに所属するためにオーディションを受け、デビューできるのか保証されないまま練習生として4~6年の下積みを積んで2016年8月にデビューしています。韓国芸能界では手塩にかけて長期にわたって練習生を育てますが、付いていけない脱落者の続出もよくあるのです。以前、ソウルの別のとある芸能事務所を訪れたときも、「この仕組みが韓国芸能のレベルを上げている」という話を実際耳にしました。

「朝から晩まで寝食を共にし、1日の練習時間は14時間。13日連続でトレーニングを受けると、ようやく1日の休みをもらえる」と、メンバー自らそう語り、かつての練習生の姿も映し出されます。当時を振り返りながら、素直な気持ちをよく言葉にするロゼは「先の見えない日々が続いていた」と本音をこぼしてもいます。また客観的な視点を持つジェニーは、「ガールズグループって難しい。センターがいいとかモメ事が起こる。だけど4人の場合は皆が自分の役割を理解しているからそれがない」とタブーの話題もさらりと語ります。

次ページ現実を生きる1人の人間の「夢物語」として
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT