80年代映画「ベスト・キッド」続編が最強のワケ

Netflix移籍後も人気の「コブラ会」を読み解く

1984年の少年カラテ選手権大会から30年後の世界が描かれたドラマシリーズ『コブラ会』は現在、Netflixで配信中(写真:YouTube Originals/Sony Pictures Television)  
Netflix、Amazon プライム・ビデオ、Huluなど、気づけば世の中にあふれているネット動画配信サービス。時流に乗って利用してみたいけれど、「何を見たらいいかわからない」「配信のオリジナル番組は本当に面白いの?」という読者も多いのではないでしょうか。本記事ではそんな迷える読者のために、テレビ業界に詳しい長谷川朋子氏が「今見るべきネット動画」とその魅力を解説します。

アメコミ原作ドラマを抑えトップを飾る空手道ヒーロー

空手ブームに火をつけた80年代のヒット青春映画『ベスト・キッド』が今、中年の男心を焚きつける作品に生まれ変わって再び注目されています。タイトルは『コブラ会(原題:Cobra Kai )』。

この連載の一覧はこちら

1984年の少年カラテ選手権大会から30年後の世界が描かれ、少年だったダニエル・ラルーソ―(ラルフ・マッチオ) と、かつての対戦相手ジョニー・ロレンス (ウィリアム・ザブカ)は人生後半戦の50代に。師匠のミヤギ(パット・モリタ)のように「センセイ!」と呼ばれる道を自ら作っていくストーリーが展開されています。

『ベスト・キッド』のリブート版(続編)として、YouTube Red(現在の名称はYouTube プレミアム)に登場すると、アメリカの辛口映画レビューサイト「Rotten Tomatoes(ロッテン・トマト)」で肯定的なコメントを集めまくり、2018年のベストドラマに選ばれます。テレビ版アカデミー賞であるエミー賞ではノミネートを果たす実力派。

さらに今年から配信先をNetflixに引っ越すと、配信直後の8月31日から9月6日までの週間ストリーミング番組ランキング(アメリカ・ニールセン調査)でトップを獲得。2位と3位のいずれもアメコミ原作の人気作『ルシファー』(Netflix)と『ザ・ボーイズ』(Amazonプライム・ビデオ)を大きく引き離し、1週間で21.7億分の視聴時間を記録したことがわかりました。

次ページ空手道のヒーローが上回った理由
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT