一見おっかない「ドヤ街の管理人」の凄い人情味 日本3大ドヤ街「横浜・寿町」の人間模様

拡大
縮小

「帳場さん、さなぎ(食堂の名前)行ってくるから。トンカツがいいですか」

「ああ、何だっていいですよ」

「トンカツ450円なんで、自分が50円出しますよ」

「いいよ。あなたの分も出すよ」

「自分、トンカツ食えないんで」

男性が玄関から出ていくと、岡本がこちらを向いた。

「別にトンカツが好きなわけじゃないんだけどね、こういうコミュニケーションをしないと、同じ世界に住んでるっていう一体感が生まれないでしょう」

根気強く耳を傾け、同じ土俵に立つ

岡本によれば2人はともに精神の人であり、岡本が扇荘新館にやってきた当初は、自分の意思を他者に伝えることがほとんどできない人たちだった。しかし、岡本自身がゆっくりと話し、根気強く彼らの言葉に耳を傾けるようにした結果、徐々にコミュニケーションが成立するようになってきたという。

「精神の人ははけ口があれば落ち着くし、爆発しないんですよ。つねに同じ土俵にいますよっていうメッセージを伝えていれば、向こうから声かけてくれるようになるし、こっちも相談に乗れる。そうすればトラブルにならない。そういう関係ができていないと、テメエ勝手に部屋に入りやがってなんて、包丁持ってくる人もいるからね」

そこまで話したところで、今度は2人の女性ヘルパーが小窓に顔を出した。

「○○○号室の××さん、瞬きはするんだけど、目が半開きです」

「反応は?」

「ないです。声は出せないみたい」

「救急車呼ぶレベルまで意識が低下してるかな」

岡本が慣れた様子で119番に電話をかけた。ヘルパーが言う。

「私たちはどうすれば……」

「救急隊は一緒に乗ってって言うと思うけど、次の現場があるからって断ればいいよ。(一緒に行くと)大変だよ」

救急車が来るわずかな間にも、小窓にはさまざまな人が顔を出す。小窓の前で「あーん」をする男性もいる。岡本がペットボトルの水をコップに注いで、錠剤を渡す。自分では服薬の管理ができないから、毎日、飲ませてやるのだという。救急車のサイレンが近づいてきた。岡本が状況説明をすると、救急隊員が部屋へ上がっていった。

岡本は役所の承諾を得て、ギャンブル依存症やアルコール依存症、あるいは認知症の人の金銭管理もしている。彼らに直接現金を渡してしまうと、生活保護費をわずか数日で使い果たしてしまうケースが多いからだ。

次ページ本人の前で出納の様子をビデオに録画するが…
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT