美筋女王が食べまくる「やせ朝食」が極上すぎる

24時間代謝を上げる!「筋育メニュー」ベスト4

1つ目は朝食の定番、良質なタンパク源「卵」最も効果的な食べ方を紹介します。

「卵」は栄養バランスが最高クラスのタンパク源

主な「タンパク源」として、肉、魚、大豆、卵・乳製品などがありますが、「卵」はとくにバランスのいいタンパク源です。タンパク質のほかにも、アミノ酸、ビタミン、ミネラルなど、人間に必要な栄養素をほぼすべて含む「完全栄養食品」と言われています。私は1日5個くらい食べています。

調理法としては、私がよくおやつとして食べている「ゆで卵」もいいのですが、「オムレツ」にすると卵2~3個分くらいは1食で簡単に食べることができるのでおすすめです(※ただし、肝臓疾患や肝硬変など、持病のある人は摂取をお控えください)。

「朝からオムレツを作るなんて面倒……」という人もいると思いますが、そんなことはありません。電子レンジを使えば、あっという間にできてしまいます。今回は、私が朝食のメニューとしてヘビロテしている「卵白キムチ納豆オムレツ」を紹介します。良質なタンパク質が手軽にとれるだけでなく、発酵パワーによる「腸活」もできて一石二鳥のメニューです。ぜひ試してみてください!

レンジで簡単! 最強の代謝アップ朝ごはん「卵白キムチ納豆オムレツ」

<材料>(1人分)
卵白……2個分
卵黄……1個分
納豆……1パック
キムチ(刻んだもの)……お好みの量で
ネギ(みじん切り)……1/2本分
納豆タレ……適宜

<作り方>

①卵白、卵黄以外の材料(納豆、キムチ、ネギ、納豆のタレ)をすべて混ぜ合わせる。
②卵白を①に加え、ふわふわになるまでかき混ぜる。
③耐熱器に入れて電子レンジ(500W)で1分40秒加熱する。
④レンジから出したら、真ん中に卵黄を落として完成。卵黄を崩し、混ぜながら食べる。

筋肉を育てながら「腸活」を。お腹やせや美肌にも効果抜群のオムレツ(写真:筆者提供)

★おすすめポイント1【抜群の整腸作用】

前日に納豆と刻んだキムチを混ぜて一晩冷蔵庫で寝かせておくと、時短になるだけでなく、納豆に含まれる「オリゴ糖」がキムチに含まれる「乳酸菌」のエサになり、「生きて腸まで届く力」が増強。相乗効果で腸内環境を整えてくれます。

★おすすめポイント2【疲労回復効果】

ネギを入れることでビタミンB1の吸収がアップ「疲労回復効果」が期待できます。

★おすすめポイント3【卵白は加熱、卵黄は生で】

卵白に含まれる「アビジン」は、納豆に含まれるビタミンB群の一種「ビオチン」の吸収を邪魔するのですが、アビジンは熱に弱いため、「卵白は加熱、卵黄は生」で食べると、栄養成分を丸ごと取り入れることができます!

次ページ次は、野菜なのにタンパク質が豊富な「スーパーフード」
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • トクを積む習慣
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 本当は怖い住宅購入
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT