美筋女王が食べまくる「やせ朝食」が極上すぎる

24時間代謝を上げる!「筋育メニュー」ベスト4

2つ目はアスリートの味方、「ブロッコリー」を使った、おいしくてデトックス効果抜群のメニューです

アスリートにも多い「ブロッコリー信者」

私の朝ごはんに欠かせない野菜、それは「ブロッコリー」です。ブロッコリーはコレステロール値を下げて脂肪の燃焼を高めるほか、タンパク質の代謝を促します。食物繊維も豊富で整腸作用もあるので、便秘やむくみ改善にも役立ちます。

そして特筆すべきは、カロリーは低いのにタンパク質含有量は100グラム中3~4グラムと、野菜の中でもトップクラス! アスリートの中には「ブロッコリー信者」も多く、私もその1人です。

とくに朝食にはブロッコリーをたっぷりとっていただきたいのですが、きのこや季節の野菜などと組み合わせることで、ビタミンやミネラル豊富な「最強のサラダ」になります。

私の最新刊でも紹介していますが、寒い季節におすすめの「デトックス ブロッコリースープ」は朝の定番メニューです。週末などにまとめて作っておけば、朝食だけでなく、夕食のプラス1品や小腹が空いたときなどにもピッタリなのでおすすめです。

「ちょっと食べすぎてしまったかな」という日の翌日や、むくみが気になる朝は、これを1食に置き換えさえすれば、速攻で「リカバリー」できます。

アスリートにも「信者」が多い「ブロッコリー」は、野菜なのにタンパク質が豊富(写真:筆者提供)

体の老廃物を速攻リセット!「デトックス ブロッコリースープ」

<材料>(作りやすい分量)
ブロッコリー……1株
無調整豆乳……100ml
昆布……10㎝くらい
水……200ml
塩・こしょう……適宜

<作り方>

①鍋に水と昆布を入れて沸騰させ、1株丸ごとざく切りにしたブロッコリーを入れ、5分ほどゆでる。
②昆布を取り出し、熱いうちにゆで汁ごとミキサーにかける
③さらに豆乳を注いで、ミキサーにかけ、塩・こしょうで味を整えて完成!

★おすすめポイント1【作りおきに便利】

一度に作っておいて、冷蔵庫で保存しておくと便利です。

★おすすめポイント2【リカバリー食として】

食べすぎた日の翌朝に。これを1食分としてリカバリーします。

★おすすめポイント3【冬はホット、夏は冷製で】

温製・冷製どちらもおいしくいただけます。

次ページ肉類ならアスリート定番の“あの肉”が最強!
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT