美筋女王が食べまくる「やせ朝食」が極上すぎる

24時間代謝を上げる!「筋育メニュー」ベスト4

最後は、食べすぎた日の翌日や時間がないときでも速攻で栄養チャージできる「MRP」です。

時間がないときはアレンジ自在な「MRP」を活用

「オムレツもサラダも作る時間がない!」というときは「MRP」で手軽に栄養補給しています。

甘いものがどうしても食べたくなったときは、これで大満足。ベリーなどをトッピングしてパフェ風に(写真:筆者提供)

MRPとは「Meal Replacement Powder」の略。一見、プロテインのような粉末のサプリですが、脂質、タンパク質、糖質という3大栄養素に加え、ビタミン、ミネラルがバランスよく配合された、ダイエット&筋力アップを強力にサポートしてくれる食品です。

ですから「栄養補助」ではなく、「食事の代わり」として摂取することができます。食べすぎたときのリセット食として、1食分をこれに置き換える「置き換えダイエット」にも便利です。

MRPのとり方は、豆乳と一緒にシェイクしたり、ヨーグルトに混ぜて食べたりします。これにいちご、ブルーベリー、キウイなどのフルーツをトッピングしてパフェ風にすれば、「甘いものが食べたい!」という衝動に駆られたときなど、これでスイーツ欲が満たされるので、おすすめです。

朝食はとる「時間」が大事! 必ず毎朝のルーチンに加えましょう

朝食は、平日は同じような時間帯にとることが多いと思いますが、休日になると遅くなってしまうことって、よくありますよね。のんびりしたい気持ちもよくわかるのですが、朝食は毎日できるだけ決まった時間にとることが大事です。毎朝同じ時間に起きて食事をすることで、体内時計が整い、太りにくい体になっていくからです。

毎日続けることで、今回紹介した「最強の朝食メニュー」の効果はますます高まります。ただし、無理のない範囲でかまいません。自分のペースでぜひ試してみてください。

「筋トレ」もそうですが、日々のルーチンを続けることが必ず実を結びます。ときには「今日はもういいかな……」と思うときもありますが、小さなことから「1日1歩ずつ」でもいいので、理想の体に向けて前進していきましょう!

時短で作り置きできる『簡単朝食メニュー』で1日のやる気をチャージ! 「代謝を上げて、理想の体を手に入れてくださいね」(写真:筆者提供)
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT