東急池上線、大都会に珍しい「人情路線」の素顔 リニューアルした駅舎と昔ながらの風情が共存

✎ 1〜 ✎ 28 ✎ 29 ✎ 30 ✎ 最新
拡大
縮小
東急池上線の御嶽山駅。駅前に商店街が多い池上線は地域に溶け込んだ雰囲気のある路線だ(筆者撮影)

東急池上線は五反田駅から出ている。山手線ホームから空を仰いだ上空、地上4階という高さに池上線のホームはあって、そこから3両編成の電車が出発するのだ。池上線というとローカルなイメージがあるが、実際には東京城南地区の住宅地の中を貫いて走る。だから全線にわたって利用者は多い。とくに山手線との接続駅である五反田駅はかなりのにぎわいだ。列車は3両編成と短いが日中でも6分間隔と運転頻度もなかなかのものである。

日中も多くの乗客でにぎわう

昼前の池上線に乗った。座ろうと思えば座れるが、目指す池上駅までは20分足らず。無理をして座る必要もないと、ドアの脇に立って車窓を眺める。五反田駅を出発した電車は、すぐに目黒川をわたって五反田の繁華街の中をゆく。お隣の大崎広小路駅まではたったの1分。五反田という町には歓楽街的なイメージも漂うが、最近ではIT企業が目立って増えているという。

「GoTo最前線」の記事一覧はこちら

大崎広小路駅を過ぎると、沿線風景はのどかな住宅地へと変わってゆく。戸越銀座商店街でおなじみの戸越銀座駅は、平日の昼間も多くの人が乗ったり降りたり。

東急大井町線と交わる旗の台駅も池上線の中では乗降の多い駅の1つだ。洗足池駅はその名のとおり洗足池の最寄り駅。掘割を抜けて呑川沿いの谷間に位置する石川台、池上線の車両基地が隣接する雪が谷大塚など、わずかな距離にたくさんの駅が連なっているのは、池上線の特徴といっていい。

次ページ2人の駅長が語る池上線
関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【浪人で人生変わった】30歳から東大受験・浪人で逆転合格!その壮絶半生から得た学び
【浪人で人生変わった】30歳から東大受験・浪人で逆転合格!その壮絶半生から得た学び
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT