日本を支配する「空気の暴走」は止められるのか

なぜ同調圧力が強い国だと感じられるのか

特異なことのなかにはいいことも悪いこともあります。悪いどころか国難さえも含まれています。しかし、空気を絶対悪と決めつけてしまうと冷静な判断ができません。

勇気さえあれば消せる空気もある

『空気が支配する国』(新潮新書)書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

たとえば、政府を批判しただけで逮捕される体制や、宗教や階級制度による縛りが強いため自由に意見を言いにくい国だってあります。それらと比べて、私たちの国は本当に息苦しいのでしょうか。空気を絶対視せず視野を広げてみれば、このような見方だってできます。

また、組織などでは意外と、実は誰もが薄々「誰か言ってくれないか」と空気を破ることが期待されていたということもあるはずです。少しの勇気さえあれば消せる空気だってあるのです。

空気を神様や独裁者かのように見なして、必要以上に息苦しさを感じないこと。そして、新型コロナ禍を契機とし空気について理解を深め、空気の暴走を防ぐため準備を始めること。これらが今、私たちがすべきことではないでしょうか。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT